HOME » 富山の住宅増改築Navi

富山の住宅増改築Navi

リフォームという言葉が流行る前は、住宅を改造することを増改築と呼んでいました。今では一般的に増改築や改装全てを含む言葉として、リフォームという呼び名が使われています。

リフォームやリノベーションと増改築は異なる

リフォーム会社選びのコツ増改築とは?

これは文字通り住まいの床面積を増やすこと(増築)です。

骨組や構造から作り直したり、敷地内に新しい建物を新設したり、平屋を2階建てにするなど、さまざまなケースが含まれます。

増改築の改装に当たる部分については、一般的に、床面積を変えずに間取りの変更をともなう工事をすることを指しています。

 

増改築で「できること・できないこと」

敷地全面に建物を建て増しできるわけではありません。敷地ごとの建ぺい率で建てられる面積が制限されているからです。

たとえば、1階を増築する場合、50平方メートルの敷地で建ぺい率70%なら、建築面積は35平方メートルが限度です。

他にも以下のような制約があります。

  • 増築後の総床面積は、容積率の範囲内に納める。
  • 第一種・第二種低層住居専用地域の「高さ制限」に準ずる。
  • 北側の土地が日影にならないようにする(北側斜線制限)
  • 町並みに圧迫感を与えないように配慮する(道路斜線制限)
  • 良好な自然的景観といった都市環境の保全を図る指定地域「風致地区」に該当する場合、建物の高さや外観の色彩の基準が制限されている…など

また、増改築においても、間取り変更をする場合は、建物の構造や工法によって「できること・できないこと」がかわってきます。

この点についても富山県の条例に詳しく、建物のプロである設計者やリフォーム会社に相談しながらプランを立てるのがベストです。

増改築にかかる費用

増改築工事の費用は、工事の内容や使用する材料、工法や仕上げ、そして現状などによってかわります。

相場的な価格は一般的に、数十万円~数百万円くらいかかってくるのが一般的でしょう。

増改築費用は、業者によっても増改築工事の提案内容が違うので、価格に差がでる可能性があります。複数社の相見積をとるよう心がけてください。

富山の「まちなかリフォーム補助事業」を活用しよう

「まちなかリフォーム補助事業」は、富山県のまちなか居住推進区域内における中古住宅のリフォームについて、工事費の一部を補助するものです。増改築だけでなく、リフォームにも適用されるので必見です!

補助されるには各種要件を満たす必要がありますが、増改築費用の一部が富山県から支払われますので、使わない手はありませんね。

補助額 住宅リフォームにおける工事費の10%
補助額限度 30万円/戸
【補助要件】
  • まちなかの空き家を自ら居住するために行う住宅リフォームであること。
  • 世帯員が増加する以前の世帯所得がおおむね月額445千円以下であること
  • 自己所有であること
  • 一戸建て住宅で、住宅部分の面積75平方メートル以上であること
    (共同住宅の場合は、55平方メートル以上)
  • 住宅リフォームに対する工事費が、100万円以上のものであること
    (他の補助事業を利用する場合、その工事部分の費用を引いた額で、100万円以上のもの)
  • 昭和56年6月1日以降に着工した建物であること
    (昭和56年5月31日以前に着工した建物は、構造上の安全確認が必要)

ミニライン

リフォームイメージ画像

富山の住宅リフォーム会社
どこを選ぶ?

リフォーム会社のサイトを見ると、どこも似たような工事項目やアフターサービスの内容であることがほとんど。
どこにお願いしたら良いのか、なかなか判断しにくいものです。
そこで、富山のリフォーム会社のなかでも評判が良い5社を比較して、ランキングにまとめました。
住まいのリフォームを検討している方は、要チェックです!

サイトマップ