HOME » 富山の部分リフォームNavi » リフォームの失敗例

リフォームの失敗例

お金を掛けて理想の我が家を実現するべくリフォームしたのに、イメージと違う仕上がりとなってしまい、がっかり…という話を耳にしたことがある方も、多いのではないでしょうか。

リフォームの失敗には、ありがちなパターンがいくつかあるもの。

キッチンやリビング、トイレなど多くの時間を過ごす場所では、出来る限り失敗は避けたいですよね。

それでは具体的に、どこでどのような失敗が起こりがちなのでしょうか。

キッチンでは導線に注意!

キッチン

キッチンリフォームをしたいと考える方の多くが「明るくて、開放的なキッチンにしたい」「リビングとやり取りしやすいようにしたい」という希望を持っています。

ですが、そのことばかりに気をとられて、うっかりしがちなのが「動線の確保」をし忘れるケース。

アイランドキッチンにしたけれど、実際に使い始めてみると意外と狭く、使い勝手が悪かったり、丸見えになってしまい隠しておきたいようなものを置く場所に困った、などの声も。

また、冷蔵庫を一番奥に設置するようにした結果、ドレッシングや飲み物をとりに行くために、わざわざ毎回キッチンの奥まで行かなくてはいけなくなってしまったり、冷蔵庫買い換え時に設置場所には置けるサイズを買ったのに、通路が通れなかったなんていう事例も。

家電の買い替えのことまでなかなか想像できないかもしれませんが、先々のことまでしっかり見越して、準備をしなくてはいけないのがリフォームなのです。

人気のリビング階段で部屋が暗くなるケースも

リビング階段は、子育て中の世帯を中心に根強い人気を誇るデザインとなっています。

「リフォームするなら、ぜひ取り入れたい!」と考える方が多いのですが、いざリビングに階段を設置すると意外と圧迫感があってリビングが狭いように感じてしまったり、暗くなってしまうケースも。

そんな時には蹴込み板がなく、骨組みが見えるスケルトン階段、オープン階段、シースルー階段と呼ばれるデザインを選ぶと、開放的な間取りにすることが可能です。

ただ、小さい子どもがいる家庭では、安全面の問題もあり設置が難しいという事情もあります。

また、リビングとキッチンが隣接していると、お料理の匂いが二階まで届いてしまい、衣類に匂いがついてしまった!なんていう思いがけない事態に陥ることも。

夜、大人たちがくつろぎの時間を過ごしているテレビの音が寝室まで響いてしまい、子どもの安眠を妨げることもあります。

リビング階段を設置する際にはしっかりとライフスタイルと照らし合わせて階段の設置場所を検討することで、リフォームの失敗を避けられるでしょう。

トイレの便座を大きいものにしたら…

アクシデント

リフォームでトイレの便座を大型のものにしたら、トイレが想像以上に狭くなってしまった!というのは、よくあるケースです。

トイレは独立しているため、リフォームを検討し始めた時割と手を付けやすい場所ではあるのですが、段階的にリフォームをと考えている方が一番に手を付けると、意外と失敗しがちな場所でもあります。

何か所かリフォームを終えていれば「便座の大きさは、本当にこれで大丈夫かな?」と家の中で一番身体の大きなお父さんが座っても無理なく身動きが取れるかを確認したり、床の素材選びについても慎重になるのですが、最初に手を付けてしまうとそういった事まで頭が回らなかった、と後悔するケースも。

また、窓をつぶして棚にしてみたらとても暗くなってしまった、ということもよくあります。

棚をつけるにしてもタンクレスタイプにしてその横に棚をつけるなど、工夫をすればさまざまな方法があるもの。

慎重に検討することをお勧めします。トイレは一番手軽そうに見えますが、何か所かリフォームを終えてから手を付けたほうがいい場所と言えるかもしれません。

コストダウンに走りがちな床は要注意!

リフォーム予算の見積もりを出すといろいろと夢も膨らみ、同時に予算も予定していたものより大きくなりがち…さまざまな所で想定外の支出が出てしまうと、つい「床はじゃあ少しグレードを落として…」となりがちです。

ですが、床は日々生活する中でとても重要なウェイトを占めています。

少し安いものを選んだつもりでも、部屋全体が安っぽい仕上がりになってしまったり、肌ごこちが悪く、素足で歩くのが嫌になってしまったり、と日常的に「失敗だったなあ」と残念な気持ちを抱えやすい箇所なのです。

つい「床くらいは、多少安いものでも」と考えがちですが、そこはしっかりと検討することをおすすめします。

何が大事かを見極めよう

予算を組む時には、家族で譲れないポイントをしっかり見極めた上で、リフォーム業者の意見もぜひ積極的に聞いてみてください。

プロはやはり、さまざまな知恵や情報を持っているもの。当たり前のことではありますが、業者に相談すると高いものを勧められるのでは、と警戒する方も多いようです。

ですが、素人である自分たちがいくら悩んだところで、答えを見つけられない時には、プロの助けを借りることをお勧めします。

そうすることが、リフォームで失敗しないポイントと言えるでしょう。

リフォームイメージ画像

富山の住宅リフォーム会社
どこを選ぶ?

リフォーム会社のサイトを見ると、どこも似たような工事項目やアフターサービスの内容であることがほとんど。
どこにお願いしたら良いのか、なかなか判断しにくいものです。
そこで、富山のリフォーム会社のなかでも評判が良い5社を比較しました。
住まいのリフォームを検討している方は、要チェックです!

サイトマップ