HOME » 富山の部分リフォームNavi » リフォーム・リノベーション・増改築の流れ

リフォーム・リノベーション・増改築の流れ

リフォームやリノベーション、増改築を検討する時、まずはどのような流れになるのか不安になりますよね。

特に、日常生活と並行する形で工事が行われるとなると、イメージがつきにくい方も多いのではないでしょうか。

今回は、リフォームやリノベーション、増改築について詳しい流れをご紹介します。 

屋根裏

それぞれの違いをまず理解しよう!

リフォームとリノベーション、増改築の違いをご存知ですか?

「全部、同じような意味なのでは?」と漠然と考えている方が多いかもしれませんが、リフォームは基本的に老朽化した建物をもとの状態(新築の状態)に戻すことを言います。

劣化していたり、汚れいてしまった部分をきれいに新しく治すのがリフォームです。

壁紙の貼り替えやシステムキッチンやユニットバスの入れ替えなど、小規模な工事がリフォームと理解しておきましょう。

では、リノベーションとはどのようなことをいうのでしょうか。

リノベーションは、既存の建物に大規模な工事を行い、性能を新築時よりも良いものにしたり、価値を向上させるための工事を言います。

間取りをはじめ、冷暖房換気設備や水道管や排水管といった大規模な変更を伴う工事がリノベーションです。

最近では、都心にある古いマンションやビルのリノベーションが流行していますね。

古いものを新しいものに入れ替えたり、デザイン性の高いスタイリッシュな建物に改良したり、間取りなどを変更してライフスタイルによりフィットした家づくりを目指すのが、リノベーションなのです。

では、増改築とはどう違うのでしょうか。「増築」とは、言葉の通り住居の床面積を増やすことを指します。

敷地内に新しく建物を建てたり、家を建て増したり、平家を二階建てにするなど、さまざまな方法が取られます。「改築」は、基本的に床面積は変えずに、間取りの変更を伴う工事を指します。

建築基準法に「建築物の一部を除却又は、建築物が災害によって一部焼失した後、引き続いてこれらの用途・規模・構造の著しく異ならない建築物を建てる工事」が「改築」であると定義づけられています。

具体的な工事の流れ リフォーム編

それでは、それぞれの工事の流れについてご紹介します。リフォームの場合は、リフォームを決めたら、リフォーム会社を選び、見積もりを依頼します。

打ち合わせでは、リフォームを希望する箇所の他に、専門家から見て修繕が必要と感じられるところをチェックしてもらうようにしましょう。

この時に住んでいる住宅の平面図などがあると、打ち合わせにとても役立ちます。次に、点検や診断・測量し、具体的なプランについて話し合いを行ったうえで見積もり作成を依頼しましょう。

その内容に合意をすれば、そのまま契約となります。着工前には近隣の方にご挨拶をし、養生をしてからいよいよ工事スタートです。

工事には、希望をすれば立ち会うことも可能ですし、必要に応じては立ち合いが必須となることもあります。

リフォームが完了したら、リフォーム業者と一緒にチェックをし、引き渡しとなります。

具体的な工事の流れ リノベーション編

スマートフォン

では次に、リノベーションの場合について見ていきましょう。リノベーションの場合、リフォームよりも工事が大掛かりになるのが一般的です。

リノベーションを考え始めたら、まずリノベーション会社を選びます。何軒か訪問し、実際に話を聞いてみるのがお勧めです。

自分たちの好みに近い会社と出会えたら打ち合わせをし、イメージを伝えます。

物件の図面をもとに、どのようにリノベーションしていくかを話し合い、イメージを固めていく作業は時間が必要となりますが、ここが肝心なところ。しっかりと満足いくまで、打ち合わせを重ねましょう。

次に、実際にリノベーションする現場に行き、図面と実物を比べながら、実際にはどのようになるかを確認。

設備や内装を決め、見積書を作成してもらいます。この内容に納得できたら、契約となります。

工事は近隣の方にご挨拶をし、養生をしてから解体作業スタートとなります。

必要に応じて打ち合わせや立ち合いを行いながら、検査をし、最終検査を立ち合いの元行ってリノベーション完了となります。

具体的な工事の流れ 増改築編

まずは、増改築業者に相談に行きましょう。

増改築を希望する家の間取りや図面を持って行くと、具体的にアドバイスをしてもらうことが出来るので、持っている場合はぜひ持参するようにしましょう。

より詳しい話を聞きたいという場合は、現地で測量などの調査を行いながら、再度打ち合わせします。

また、増改築の場合、規模が大きくなりますので利用する製品を決める際にはカタログだけではなく、メーカーのショールームに足を運び、実際の商品を見て選ぶことをお勧めします。

その調査結果をもとに見積もりをしてもらい、納得の上契約という流れになります。

近隣に挨拶まわりをし、いよいよ工事スタートです。専門技術を持つ職人が、それぞれ作業を進めていきます。

工事を進める中、心配な点や不明な点が出てきたら、どんどん質問しましょう。後になって悔やんでも、規模の大きな工事の場合はダメージが大きくなります。

工事が完了したら、立ち合いの元で確認を行います。工事の内容や、今後のお手入れ方法について説明を受け、チェックします。

流れ自体に大きな違いはありませんが、リフォームよりはリノベーション、リノベーションよりは増改築の方が工事の規模が大きいということが出来ます。

どの工事の場合でも、要所要所でしっかりと確認し、疑問がある時にはすぐに質問するようにしましょう。

業者と上手にコミュニケーションをとることが、工事成功のコツとも言えるでしょう。

リフォームイメージ画像

富山の住宅リフォーム会社
どこを選ぶ?

リフォーム会社のサイトを見ると、どこも似たような工事項目やアフターサービスの内容であることがほとんど。
どこにお願いしたら良いのか、なかなか判断しにくいものです。
そこで、富山のリフォーム会社のなかでも評判が良い5社を比較しました。
住まいのリフォームを検討している方は、要チェックです!

サイトマップ