HOME » 富山の部分リフォームNavi » 外壁リフォームについて

外壁リフォームについて

築年数が長くなると外壁リフォームが必要になります。なぜ、外壁リフォームを行わなければいけないのでしょうか。その理由と外壁リフォームを行うタイミング、費用の目安などを紹介します。

外壁リフォームは必要?

まとまった費用がかかるので、できれば外壁リフォームを行いたくないと考える方が多いかも知れませんね。気持ちはわかりますが、タイミングが来ているのに外壁リフォームを行わないことはオススメできません。建物に悪影響を与える恐れがあるからです。

また、節約のつもりで外壁リフォームを先延ばししていると、建物が傷み高額な補修費用がかかることもあります。以上の理由で、外壁リフォームを行わないことや先延ばしにすることはオススメできません。メンテナンスを怠ると、具体的にどのような悪影響が現れるのでしょうか。続いて、外壁リフォームを行わなかった場合、考えられるリスクを紹介します。

外壁リフォームをしなかったら…

防水効果が消える

外壁リフォームは、建物の美観を守るために行うと思われがちですが、目的はこれだけではありません。最も大きな目的は、外界の刺激から建物を守ること。具体的には、雨水や紫外線などから建物を守るため行います。

常に、これらの刺激にさらされているので、どのような塗料であっても時間の経過とともに劣化してしまいます。劣化すると防水効果が消えるので、雨水などから建物を守れなくなります。

外壁塗装の劣化を示す最初のサインといわれているのが、外壁の艶がなくなることです。並行して防水効果も少しずつ失われるため、外壁に水がたまる、外壁が湿気を帯びるなどの症状が現れます。濡れた外壁が乾燥する過程で歪むこともあります。これらのサインが現れている方は注意しましょう。

小さなヒビが発生するようになる

以上の状態を放置していると、壁にヘアクラックと呼ばれる小さなひび割れが発生します。ヘアクラックが発生する理由は、外壁の膨張・収縮に塗膜が対応できないから。サイディングの場合は、コーキングにも亀裂が生じます。コーキングは、外壁材と外壁材の間を埋めるゴム状のパッキンです。

一般的に、弾力性のある塗料はヘアクラックが生じにくいといわれていますが、生じにくいだけでだけであって生じないわけではありません。劣化が進めば、弾力性のある塗料であってもヘアクラックは生じます。

ヘアクラックが生じると、小さなひび割れから水が侵入します。また、水は劣化で塗膜が薄くなった箇所からも侵入します。外壁の劣化は、様々な経路から水の侵入を許してしまうのです。この状態を放っておくとどうなってしまうのでしょうか。

クラック、コーキングの亀裂が大きくなる

外壁やコーキングに生じた小さなひび割れを放置していると、時間の経過とともにひび割れは大きくなります。塗料の機能が劣化して外壁の痛みが大きくなるからです。残念ながら、失われた機能や痛んだ外壁が自然に回復することはありません。放っておくと、外壁のひび割れやコーキングの亀裂はどんどん大きくなります。

以上の状態が気になる方は、外壁リフォームの検討が必要かもしれません。放っておくと、劣化が進み建物に大きなダメージを与える恐れがあります。

防水材や防水シートまで水が浸水

クラックやコーキングの亀裂が大きくなると、建物に水が侵入しやすくなります。影響を考えず外壁リフォームを見送っていると、外壁や屋根の内側まで水が侵入し始めます。

外壁や屋根の内側には防水シートを施工しているので、すぐに大きな影響が現れることはありません。とはいえ、防水シートも劣化するうえ隙間などから水が浸入することも考えられるので、やがては建物に影響が現れます。具体的には、鉄骨・木材・コンクリートなどが劣化してしまいます。

家の土台や基礎部分まで劣化

水の侵入を放置していると、建物の土台や基礎まで劣化してしまいます。これらの部位も、木材や鉄骨、コンクリートなどでできているからです。水の侵入がない場合と水の侵入がある場合を比べると、後者の方が圧倒的に劣化のスピードは速いとされています。建物の劣化が進むと、それほど大きくない自然災害で建物が損壊する恐れがあります。

単に建物を美しく見せるものと思われがちな外壁リフォームですが、家を守るうえで重要な役割を果たしています。劣化の兆候が現れている方は、外壁リフォームを検討しましょう。

外壁リフォームを行う目安

ここで気になるのが、外壁リフォームを行うタイミングです。次のサインが現れている場合、外壁リフォームの検討が必要です。

  • 外壁に触れると白い粉が付く
  • 広い範囲にヘアクラックが生じている
  • 外壁にコケやカビが生えている
  • 外壁の艶がなくなった

下地素材が窯業系サイディング・ALC/RCの場合、コーキング剤の亀裂や痩せも外壁リフォームの目安となります。

一般的に、外壁リフォームは10年単位で考えるべきといわれています。家を建ててから10年たっている方、前回の外壁リフォームから10年たっている方は、建物の外周を回って以上のサインが現れていないかチェックすると良いでしょう。屋根など高所の確認は危険を伴います。業者に依頼しましょう。

かかる費用の目安

外壁リフォームにかかる費用はケースにより様々です。同じ外壁リフォームであっても、内容に大きな違いがあるからです。外壁リフォームは、大きく補修・塗装・新調に分かれます。

補修の工事内容は「ひび割れの補修」「剥離の補修」「コーキングの補修」など、塗装の工事内容は「外壁の塗りなおし」、新調の工事内容は「サイディングボードの張り直し」です。費用の相場は、補修で20万円~80万円程度、塗装で80万円~150万円程度、新調で150万円程度から300万円程度といわれています。

工事内容からわかる通り、小規模な外壁リフォームほど費用は安くなります。外壁リフォームの費用を抑えるコツは、外壁の劣化を早期発見し早期対処することといえるでしょう。気になる点がある方は、紹介したポイントを参考に建物をチェックしてみてはいかがでしょうか。

リフォームイメージ画像

富山の住宅リフォーム会社
どこを選ぶ?

リフォーム会社のサイトを見ると、どこも似たような工事項目やアフターサービスの内容であることがほとんど。
どこにお願いしたら良いのか、なかなか判断しにくいものです。
そこで、富山のリフォーム会社のなかでも評判が良い5社を比較しました。
住まいのリフォームを検討している方は、要チェックです!

サイトマップ