HOME » 富山の部分リフォームNavi » 各設備のリフォーム時期と費用の目安

各設備のリフォーム時期と費用の目安

キッチン

キッチンのリフォーム時期

キッチンのリフォームを行う時期は10年~20年頃が多いといわれています。ただし、使用頻度やお手入れ方法などにより、これより短くなること、長くなることはあります。実際のリフォームは、キッチンの状況などをもとに考えると良いでしょう。

キッチンのリフォームを検討するタイミングのひとつが、ガスコンロやレンジフードなどに不具合が生じたとき。あるいは、新しい設備を導入したい、システムキッチンを導入したいと感じたときもキッチンのリフォームを検討したいタイミングといえます。

以上を目安に、キッチンのリフォームを検討してみてはいかがでしょうか。

費用相場

キッチンリフォームの費用は、設置するキッチンの種類・グレードにより大きく異なります。例えば、必要最低限の設備が付いたI型キッチンであれば50万円程度、L型キッチンであれば65万円程度、対面型キッチンであれば70万円程度から設置できます。同じI型・L型・対面型でも、ハイグレードになると順に70万円程度、85万円程度、90万円程度からとなります。

キッチンリフォームの費用は、現在のキッチンの状況でも異なります。基本的には、大掛かりな工事が必要なリフォームほど費用は高くなります。例えば、給排水管や排気ダクトを新たに設置するリフォームなどは高額になりがちです。

リフォームするときの注意点

キッチンをリフォームするときは、目的を明確にしておきましょう。キッチンリフォームは、水回りのリフォームの中でも選択肢が豊富です。目的がはっきりしていないと、リフォームしてから使い勝手が悪くなったなど感じることがあります。

キッチンロフォームの目的として挙げられるのが、「収納を増やす」「設備を新しくする」「間取りを変更する」「使い勝手を良くする」などです。重視したいポイントを明確にしたうえで、新たに設置するキッチンを選びましょう。

トイレ

トイレのリフォーム時期

汚れなどを気にしないのであれば、便器の寿命は極めて長いといえます。これに対し、寿命が短いのがトイレの配管や付属設備です。10年~20年程度で寿命を迎えることが多いといわれています。

リフォーム時期の目安は、配管や付属品の寿命と同じく10年~20年程度です。便器はまだまだ使えますが、10年~20年程たつと汚れが目立ちます。よって、一緒に交換することが多いようです。

トイレのリフォームを検討している方は、10年~20年程度と目安にすると良いでしょう。

費用相場

トイレのリフォーム費用はケースにより様々です。費用が異なる理由は、ケースにより工事内容と設置するトイレのグレードに差があるからです。

床を解体して仕替える、壁を外して給排水管の位置を変える、段差を取り除いて下地を補修する、男性用小便器を取り除くなどの工事が必要な場合は割高になります。また、設備の充実したハイグレードなトイレも割高になります。

様々なケースが考えられるので相場を示すことは難しいですが、一般的な洋式トイレからスタンダードグレードのタンクレストイレへリフォームした場合、12万円~20万円程度で行えることが多いようです。

リフォームするときの注意点

トイレリフォームで注意したいのが、トイレ空間と便器の大きさのバランスです。トイレ空間に対して便座が大きすぎると、ゆっくり過ごせないばかりか掃除をしづらくなります。トイレをリフォームするときは両者のバランスに気をつけましょう。

トイレ空間にゆとりがない方は、タンクレストイレを選ぶとよいかもしれません。タンクがないのでタンク付きの便器より省スペースといわれています。狭い空間なので1㎝、2cmの違いが使い勝手に大きな影響を与えます。十分な注意が必要です。

浴室

浴室のリフォーム時期

一般的な、浴室リフォームの時期は20年程度といわれています。この時期になると、綺麗に見える浴室でも腐食などにより内側が傷んでいることがあるからです。また、光熱費もリフォーム時期を考えるポイントになります。20年前の設備と今の設備を比べると、省エネ化が進んでいるので光熱費は大きく異なります。便利・快適にお風呂に入れるうえ光熱費も安いので、まだ使えそうな浴室であっても思い切ってリフォームすることがあるようです。

費用相場

浴室は、壁や床を作って浴槽などを組み合わせる在来工法と壁や床、浴槽などがセットになったユニットバス(システムバス)に分かれます。どちらを選ぶかで費用は変わります。

主流となっているのはユニットバスです。現在あるユニットバスから新しいユニットバスにリフォームする場合の費用は70万円~150万円程度、在来工法の浴室からユニットバスへリフォームする場合の費用は80万円~160万円程度です。費用にひらきがある理由は、ユニットバスのグレードや工事内容に差があるからです

浴室リフォームを検討している方は、以上の費用相場を目安にすると良いでしょう。

リフォームするときの注意点

浴室のリフォームはタイミングがつかみづらいといわれています。一般的に、以下のサインが現れたらすぐにリフォームを検討するべきと考えられています。

  • 浴槽内にひびが入っている
  • 水漏れしている
  • 排水しづらい
  • 脱衣所の床がへこむ

以上のほかにも、浴室内にカビが目立つ場合やお湯の温度をうまく調整できない場合などはリフォームの検討が必要です。リフォームのタイミングを逃すと周辺の部屋にダメージを与える恐れがあるので、見逃さないようにしましょう。

洗面台

洗面台のリフォーム時期

陶器でできている洗面台は寿命が長いといわれています。とはいえ、永遠に使い続けられるわけではありません。配管などが先にダメになることが多いからです。配管などの寿命は20年程度といわれています。これを過ぎるといつダメになってもおかしくないので、20年を目安としてリフォームをする方が多いようです。グレードの低い洗面台は、5年~10年でダメになることがあります。洗面台のグレードと今の状態をもとに、リフォーム時期を見極めると良いでしょう。

費用相場

洗面台のリフォーム費用もケースにより大きく異なります。洗面台のグレードやリフォーム工事の内容により変わるからです。

平均的なグレードの洗面台をオーソドックスなリフォーム工事で設置した場合の費用相場は20万円程度といわれています。洗面台のグレード、リフォーム工事内容によっては10万円以下で設置することもできます。反対に、洗面所の壁や床なども一緒にリフォームするケースなどは割高になります。

費用が気になる方は、リフォーム工事会社で相談すると良いでしょう。

リフォームするときの注意点

洗面台をリフォームするときはサイズに注意が必要です。どれだけ気に入った洗面台であっても、洗面所の大きさにあっていないと設置することはできません。また、洗面台が入口より大きい場合も設置できません。洗面台を選ぶときはサイズに注意しましょう。

同様に、リフォームする目的を明確にすることも重要です。収納を増やしたいなどの目的があるのであれば、それをかなえられる洗面台を選びます。何となく選ぶと後悔することがあるので気を付けてください。

リフォームイメージ画像

富山の住宅リフォーム会社
どこを選ぶ?

リフォーム会社のサイトを見ると、どこも似たような工事項目やアフターサービスの内容であることがほとんど。
どこにお願いしたら良いのか、なかなか判断しにくいものです。
そこで、富山のリフォーム会社のなかでも評判が良い5社を比較しました。
住まいのリフォームを検討している方は、要チェックです!

サイトマップ