HOME » 富山の部分リフォームNavi » リフォームでシステムキッチンに

リフォームでシステムキッチンに

料理をする方であれば、システムキッチンに憧れる方は多いはず。システムキッチンにはいくつかの種類があります。それぞれどのような特徴があり、どのような方にオススメなのでしょうか。システムキッチンへのリフォームにかかる費用とともに詳しく解説いたします。

システムキッチンの基礎知識

何となく憧れている方が多いシステムキッチン。具体的に、どのようなキッチンか説明できる方は少ないはずです。システムキッチンとは、調理台・シンク・コンロ・収納棚などを組み合わせたもの。キッチンで必要になる設備がひとまとめにされているうえ、仕上げ材などが統一されているので、機能的でありながらデザイン性が高い特徴があります。

システムキッチンの種類

システムキッチンには以下の種類などがあります。

  • Ⅰ型キッチン
    調理台・シンク・コンロなどが一列(Ⅰ型)に並んだキッチン。最も一般的なシステムキッチンといわれる。
  • Ⅱ型キッチン
    Ⅰ型キッチンを対面させたようなキッチン。作業スペースを確保しやすい点がメリット。デメリットは、作業中に何度も振り返らなければならない点。
  • L型キッチン
    L型に調理台・シンク・コンロ・収納棚などを設置したキッチン。作業スペースと動線を確保しやすい点がメリット。角などに使えないスペースが生じやすい点がデメリット。
  • アイランド型キッチン
    壁と接していないキッチン。キッチンに浮島のように浮かんでいることからアイランド型と呼ばれる。開放感がある点と動線を確保しやすい点がメリット。

オープンキッチン(対面キッチン)とクローズドキッチン

キッチンのリフォームでは、以上のキッチンなどをオープンキッチン(対面キッチン)あるいはクローズドキッチンと呼ばれる形で設置します。それぞれどのような特徴があるのかみていきましょう。

オープンキッチン(対面キッチン)の特徴

オープンキッチン(対面キッチン)とは、料理をするときにダイニングやリビングと対面する形になるキッチンです。オープンキッチン(対面キッチン)には、どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

オープンキッチン(対面キッチン)のメリット

一般的に、オープンキッチン(対面キッチン)には次のメリットなどがあるといわれています。

  • 開放感がある
    キッチンとダイニングあるいはリビングがつながるので、開放感が出ます。部屋を広く見せたい方などにオススメのキッチンです。
  • コミュニケーションをとりやすい
    ダイニングやリビングで過ごしている家族などとコミュケーションを図りやすくなります。この特徴から、キッチンで作業をしていても孤立しないと感じる方が多いようです。
  • 配膳・後片付けが楽
    キッチン台を通して出来上がった料理や食器を受け渡せるので、配膳や後片付けが楽になります。
  • キッチンをきれいに保つようになる
    オープンキッチン(対面キッチン)の作業場は外から見ることが出来ます。そのため、オープンキッチン(対面キッチン)にすることで清掃の意識が高まります。

オープンキッチン(対面キッチン)のデメリット

もちろん、オープンキッチンにはデメリットもあります。具体的なデメリットは次の通りです。

  • ダイニングやリビングにキッチンのニオイや煙が広がりやすい
    キッチンとダイニング・リビングを遮る壁がないので、キッチンのニオイや煙が部屋に広がりやすいとされています。
  • キッチンの作業場が外から見えてしまう
    キッチンの作業場が外から見えるので、常にキレイにしておかなければなりません。この点は、オープンキッチン(対面キッチン)のメリットでありデメリットです。

クローズドキッチンの特徴

クローズドキッチンは、壁に囲まれて閉ざされているキッチンです。ダイニングやリビングに向かってではなく、壁に向かって作業をします。クローズドキッチンにはどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

クローズドキッチンのメリット

クローズドキッチンのメリットとして次の点などが挙げられます。

  • キッチンのニオイや煙がダイニングやリビングに広がりにくい
    料理のニオイや調理で発生した煙がダイニングやリビングに広がりにくいとされています。安心して料理をできる点はクローズドキッチンのメリットです。
  • キッチンの作業場が外から見えない
    外からキッチンの作業場、収納棚などは見えません。リビングなどから生活感を排除しやすいというメリットがあります。
  • 作業に集中できる
    ダイニングとリビングとつながっていないので、家族に作業を邪魔されにくくなります。

クローズドキッチンのデメリット

クローズドキッチンには以下のデメリットなどがあります。

  • 開放感が生まれにくい
    壁に囲まれるので、開放感は生まれにくくなります。壁に大きな窓を設置して開放感を生むことは出来ますが、収納スペースなどを考えると実現できるご家庭はわずかです。
  • コミュニケーションをとりにくい
    キッチンが閉鎖空間になるので、ダイニングやリビングで過ごす家族などとのコミュニケーション
  • 配膳・後片付けに手間がかかる
    ダイニングやリビングの間に壁があるので、配膳や後片付けに手間がかかります。機能性はやや劣るかもしれません。

ライフスタイルで選ぶオススメのシステムキッチン

続いて、ライフスタイル別にオススメのシステムキッチンを紹介します。

30代・子育て世代にオススメのシステムキッチン

小さなお子様のいるご家庭には、オープンキッチン(対面キッチン)がオススメです。キッチンで作業中も子供の様子を見ることができます。オーソドックスなキッチンで十分と感じる方はI型キッチンを、LDKを広く使いたい・十分な作業スペースを確保したい方はL型キッチンを選ぶと良いでしょう。

40代・ゲストが多い家庭にオススメのキッチン

ゲストが多いご家庭には、アイランド型キッチンがおすすめです。周囲に人が集まれるので、ゲストと楽しみながら料理ができます。キッチンに他人を入れたくない方は、クローズドキッチンに開口を設けたセミクローズドキッチンにするとよいかもしれません。

50代・料理好きのご家庭にオススメのシステムキッチン

料理好きのご家庭には、クローズドキッチンがおすすめです。落ち着いた作業空間を確保できる点が魅力です。作業スペースをそれほど必要としない方はⅠ型キッチンを、十分な作業スペースを確保したい方はⅡ型キッチンを選んでみてはいかがでしょうか。家族とコミュニケーションを図りたい方は、オープンキッチン(対面キッチン)にするとよいでしょう。

システムキッチンリフォームにかかる費用

システムキッチンのリフォームにかかる費用は、「システムキッチン本体費用」+「取付工事費用」+「内装工事費用」で求められます。実際にかかる費用は、システムキッチンのグレードや取付工事の内容、内装工事の内容などで異なります。

システムキッチン本体費用の相場は、最もシンプルなシステムキッチンで30万円程度、スタンダードなシステムキッチンで40万円程度、こだわりのシステムキッチンで70万円程度といわれています。

取付工事費用は、機材を交換するだけであれば20万円程度から行えます。キッチンを移動するための配管工事、ブレーカーの交換などは別途費用が発生します。内容によっては大幅に費用がアップするので、見積もりなどでの確認が必要です。

内装工事費用は、部屋の大きさやリフォームするシステムキッチンのタイプなどで異なります。3畳程度のクローズドキッチンで、クッションフロアの張替え、クロスの張替えのみであれば数万円程度で行えます。オープンキッチンにするため壁を外すなどの作業が必要になる場合、費用は大幅にアップします。

一般的なシステムキッチンのリフォーム費用は、50万円~150万円程度に収まることが多いといわれています。実際にかかる費用はケースにより様々ですが、システムキッチンのリフォームを検討している方はこの額を目安にすると良いでしょう。

リフォームイメージ画像

富山の住宅リフォーム会社
どこを選ぶ?

リフォーム会社のサイトを見ると、どこも似たような工事項目やアフターサービスの内容であることがほとんど。
どこにお願いしたら良いのか、なかなか判断しにくいものです。
そこで、富山のリフォーム会社のなかでも評判が良い5社を比較しました。
住まいのリフォームを検討している方は、要チェックです!

サイトマップ