HOME » 富山の部分リフォームNavi » 二世帯住宅の間取りについて

二世帯住宅の間取りについて

リフォームをするなら二世帯住宅も視野に入れたい!

家をリフォームするときに視野に入れたいのが二世帯住宅。リフォームでは無理と思われがちですが、二世帯住宅へ変更することは可能です。親世帯と一緒に住みたい、子世帯と一緒に住みたいと考えている方は検討すると良いでしょう。

二世帯住宅は、間取りによりいくつかのタイプに分かれます。生活の利便性などに大きな影響を与えるので、ライフスタイルに合わせた二世帯住宅のタイプにすることが重要です。具体的に、どのようなタイプがあるのでしょうか。以下で詳しく解説します。

二世帯住宅のリフォーム費用も気になるポイントです。既存の住宅を二世帯住宅へ変更した場合どれくらいの費用が掛かるのでしょうか。いくつかの例を挙げて解説します。

二世帯住宅に興味がある方は参考にしてください。

二世帯住宅の間取りってどんなタイプがある?

完全同居型

二世帯住宅の中で、玄関・水回りなどを親世帯と子世帯が共用するタイプを完全同居型といいます。一つの住宅を二世帯で共用するイメージです。

メリットは、建築費や生活費を抑えられること。玄関や水回りなどを共有するので一世帯分のリフォームコスト、生活費しか掛かりません。限られた敷地を効率よく利用できる点もメリットとして挙げられます。

対するデメリットは、プライバシーを確保しづらいこと。寝室を除き同じ空間で生活するので、親世帯・子世帯だけの時間を確保することが難しくなります。また、キッチン・お風呂などが共有なので、気遣いも必要になります。ストレスをためやすい点は、完全同居型のデメリットといえるでしょう。

部分共用型

二世帯住宅の中で、玄関や水回りを共用しつつリビングなどが別々になっているタイプを部分共有型といいます。部分共有型のメリット・デメリットは以下の通りです。

最も大きなメリットは、親世帯・子世帯で適度な距離を保ちながら生活を送れること。共用部分があるので大家族のように暮らせますが、リビングなどは別々なのでプライバシーをある程度は確保できます。ライフスタイルにあわせて、別々にする部分、共用する部分を選べる点も魅力です。

対するデメリットは、生活リズムの違いがストレスになりやすいこと。例えば、起床時間・食事時間・帰宅時間などの違いにより、相手世帯へ迷惑をかけることがあります。それぞれのライフスタイルをよく考えて、別々にする部分、共用にする部分を決めなくてはなりません。

完全分離型

二世帯住宅の中で、それぞれの世帯が玄関・リビング・ダイニング・寝室などをもっているタイプを完全分離型といいます。一つの住宅の中に、二世帯が暮らす設備と機能を詰め込んだタイプといえるでしょう。

完全分離型のメリットは、二世帯住宅でありながら独立した生活を送れること。ライフスタイルに違いがあっても、それぞれが独立した空間を所有しているので大きな問題にはなりません。とはいえ、隣り合っているので、コミュニケーションを図ることは可能です。

対するデメリットは、リフォーム費用が割高になること。玄関・リビング・ダイニングなどが二軒分必要になるので、完全同居型・部分共用型に比べ割高になります。また、コミュニケーションが希薄になりやすい点もデメリットとして挙げられます。

二世帯住宅へリフォームする費用相場はいくら?

二世帯住宅へリフォームする費用はケースにより大きく異なります。二世帯住宅に様々なタイプがあるからです。実例を紹介するので参考にしてみてはいかがでしょうか。

実例1

築40年の家を二世帯住宅へリフォーム。玄関と台所にあった土間をフローリングに、ダイニングキッチンと応接間を一体型のLDKに変更。さらに、住居内の段差をなくしてバリアフリー化しています。施工面積は50㎡程度、費用は700万円程度です。

施工例2

1人暮らしの母親と同居するため築30年の住宅をリフォーム。LDKと水回りの入替、収納の確保、オール電化・耐震補強・バリアフリー化などを行いました。寝室以外は共用する完全二世帯型です。施工期間は90日程度、リフォーム費用は1500万円程度です。

施工例3

両親と同居するため築40年の家をリフォーム。玄関の位置を変更し3部屋をつないでLDKに。リビングには大きな吹き抜けと薪ストーブを設置。間取りを変更してウォークインクローゼットを設置するなど、全く新しい家へと変貌しています。施工面積は150㎡程度、リフォーム費用は2000万円程度です。

二世帯住宅のメリット

一部のメディアで報道されている通り、二世帯住宅を選ぶ方が増えています。どのような点に魅力を感じ二世帯住宅を選んでいるのでしょうか。二世帯住宅のメリットを紹介します。

親世帯の変化に対応できる

年齢を重ねると健康上のリスクが増します。二世帯住宅にリフォームすれば、親世帯のトラブルや介護にスムーズに対応できます。

子育てを手伝ってもらえる

親世帯が元気で理解があれば、子供の面倒を見てもらえます。共働きで育児に時間を割けないご家庭などは助かります。

費用を抑えられる

新たに家を建てる費用を節約できます。土地を購入する必要がなく、親世帯と費用の負担を相談できるからです。水回りを共用にするなどすれば、生活費の節約も可能です。

二世帯住宅には、以上のメリットなどがあります。興味のある方は検討を進めると良いでしょう。

リフォームイメージ画像

富山の住宅リフォーム会社
どこを選ぶ?

リフォーム会社のサイトを見ると、どこも似たような工事項目やアフターサービスの内容であることがほとんど。
どこにお願いしたら良いのか、なかなか判断しにくいものです。
そこで、富山のリフォーム会社のなかでも評判が良い5社を比較しました。
住まいのリフォームを検討している方は、要チェックです!

サイトマップ