富山でリフォーム&リノベーションしま専科 » 部分リフォーム » 洗面台リフォームについて

洗面台リフォームについて

洗面台リフォームに対する悩みや解決方法、富山県で洗面台リフォームをする場合の工期や費用などについて紹介します。

洗面台のリフォーム 富山の施工事例

以下の施工事例写真は、富山市の地元で28年の実績を持つ株式会社ユニテ様にご提供いただきました。

省スペースで機能的な洗面台リフォーム施工事例

一見何でもない洗面台ですが、省スペースで機能的です。

  • 三面鏡側面に収納棚。アメニティグッズを置く棚があるのとないのとでは使い勝手が大きくかわります。
  • 洗面所は洗うだけでなく、モノが置けるスペースが少しあると、ちょっと何かを置くことができてかなり便利です。左側が少し平らになっています。このスペース意外とよく使います。
  • 床がつなぎ目の無いクッションフロアーで水対策も万全。冬のひんやりも軽減。
  • 浴室ドア枠も樹脂製で水に対して耐久性を上げています。
  • この洗面台は人造大理石一体型でつなぎ目がなく掃除がしやすです。また人造大理石のため化粧品の瓶等重いものを落としても陶器の洗面ボールのように割れる心配がありません。
  • 水栓金具が洗面ボールのバックガードの垂直面に付いているので水がたまらずとにかく掃除が楽な設計になっています。
  • ヘアーキャッチャーも従来より大きく、排水金具の金属のリングもなく髪の毛を簡単に除去できます。
洗濯機の横にオープン棚を置いた洗面台のリフォーム施工事例

省スペースの洗面台。ポイントは右にある、洗濯時に便利なオープン棚

  • 省スペースの洗面台。三面鏡になっています。
  • 洗面台の横のオープン棚は洗濯籠や、洗ったタオルを置いておくのに便利です。
  • 洗濯機の横に棚をつけることで、いちいちかがまずに洗濯モノを出し入れできます。狭い洗面室にコンパクトに収納できるオープン棚を造作することで、家事の負担軽減をはかります。
  • 窓枠は木製の窓台とし、残り3方のクロスを巻き込みすっきり感を出しました。
  • 冷たい床を、掃除の手入れがしやすく、冷たさを緩和するクッション入りでつなぎ目のないビニールの床に変更。

富山の世代別、お悩み・課題のQ&A
~洗面台リフォームについて~

富山市の地元で28年の実績を持つ株式会社ユニテ様より、世代別(子育て世代(20代~40代)、悠々世代(50代以上)のよくあるお悩みと解決法や、その他、リフォーム時のポイントやアドバイスをいただきました。

子育て世代(20代~40代)洗面台について

Q:よくある悩み・課題

A:解決に向けて

悠々世代(50代以上)洗面台について

Q:よくある悩み・課題

A:解決に向けて

ユニテアイコン
さらに知っておきたいポイントやアドバイス by富山のリフォーム会社ユニテ

既成品の洗面台は各メーカーにたくさんありますが、オリジナリティーがあり、おしゃれで使いやすい洗面化粧台を作ることができるリフォーム業者もいます。タイル張りカウンター、大きな一枚ガラス、ニッチを利用した収納など、家の形状やスペースを最大限利用したおしゃれで機能的な洗面スペースにすることができます。

造作洗面台にする場合は既成品の良さや造作の良さを納得行くまで説明してもらい、後で後悔のないような提案をしてもらいましょう。

つかいやすい、かわいい洗面所にリフォームする人が増えている

洗面所の利用方法は昔から変わらず、どんなに古い家でも洗面所に必要な設備は揃っているので、どこかに不具合が無い限りリフォームをしようとは考えない人が多かったのですが、最近ではつかいやすい、かわいいという理由でリフォームする人も増えてきています。

洗面所は浴室に近く洗濯室と脱衣所と共用になっていることが多いので湿気がこもりやすいところです。浴室には換気扇がありますが、洗面所に換気扇はつけないことが多いので壁や天井がカビたり剥がれたりしやすく窓があっても結露しやすいです。また、朝晩の歯磨き、洗顔、手洗いなど使用頻度も高く、破損、故障、水森、排水管トラブルも起きやすいです。

洗面所で良く起こる不具合には蛇口の水漏れ、排水栓が閉まらなくなる、排水口や排水管が詰まる、洗面台下の異臭、床の傷み・腐食、壁紙の剥がれなどがあります。洗面所をリフォームする場合には次にあげるようなポイントについて考える必要があります。

洗面台リフォームのポイント

蛇口交換が可能かどうかチェックする

洗面所の蛇口は家族が毎日何回も使うものなので、だんだん壊れていきます。蛇口の寿命は10年~20年とされています。最近はシステム洗面台が多く、大型鏡、収納スペース、シャワーヘッド、コンセント付きとなっていますが蛇口単体の交換をすることもできます。しかしメーカー製洗面台でも蛇口は他のメーカーということもあり、その場合は専用蛇口が入手できず洗面台ごと交換しなければならないということもあります。洗面台リフォームをする時には将来蛇口が壊れたときについても考えておかなければなりません。蛇口交換が可能かどうか事前に洗面台メーカーに確認しておくようにしましょう。

鏡と照明が重要

洗面台の鏡は髭剃りやメイクなどで必要となります。照明が暗いと使いづらいのでLED照明を使ったり、天井照明と組み合わせたりする工夫が必要となります。鏡は大きいほうが使いやすいですが必要なのは顔を見ることなので、収納スペースが足りない場合は鏡を小さくすることも考えましょう。最近は鏡を手前に引き出せる洗面台もあり、メイクに長い時間をかける女性に人気です。

収納について検討する

洗面所は脱衣所や洗濯室と共用していることが多いのでタオル、洗剤、カミソリ、ドライヤー、メイク道具などが置かれ、洗剤や石鹸のストックも収納する必要があります。そのため洗面台についている収納だけではとても足りなくなります。上部に棚を設けて収納したり、洗面台横にカウンターを設置するなど検討することをおすすめします。

湿気対策は必須

洗面所だけでも湿気は多めですが脱衣所や洗濯室と共用になっているので湿気対策は必須です。調湿効果のある壁材を使ったり通気口、換気扇、除湿機を設置したりしましょう。

よくある洗面所・洗面台のリフォーム失敗例

洗面台や棚の高さが合わない

洗面台を交換した結果、蛇口の位置が低すぎて、顔を洗う際に思いきり腰を曲げなければいけなくなったという失敗例が少なくありません。反対に、高すぎる位置に収納棚がきて、扉が開けにくくなったり、台に乗らなければものを取り出せなかったりといったケースもよくあります。

もちろん、小さな子どもや高齢者がいる家庭では、その人たちにあった洗面台の高さを調整しないといけません。

洗面台を広くしたらスペースがなくなった

広々とした洗面台にした結果、収納スペースが失われたり、洗面所の室内空間に余裕がなくなってしまったりする場合があります。

市販の洗面台の幅は、基本的に3種類の規格サイズ「60cm・75cm・90cm」で決められていますが、この15cmは実際に設置するとかなり大きな差となって現れます。そのため、既存の洗面台とサイズが異なる洗面台を設置する場合、事前に完成像を描いておくことが欠かせません。

洗濯機との間にムダなスペースが増えた

洗面台のサイズはそのままでも、取りつける位置を変更した結果、洗濯機との間にムダな隙間が生じてしまうこともあります。不要な隙間があると、そこにゴミがたまったり歯ブラシなどが落ちてしまったりしやすくなるので、適切な設置場所もきちんと計算するようにしておきましょう。

コンセントや棚の位置が変わった

洗面台を交換すると、コンセントの数や位置が変わってしまい、ドライヤーやシェーバーなどが使いにくくなるケースもあります。また、それらを一時的に置ける場所の有無も、使いやすさのポイントです。

水はねがひどくて汚れやすくなった

おしゃれなデザインの洗面台に取り替えたところ、洗面ボウルの深さが浅くなってしまい、水はねが起こりやすくなって周囲が汚れてしまうといった失敗例もあります。また、水はねは洗面ボウルの形状だけでなく、蛇口の位置や角度によっても左右されるため注意してください。

富山県で洗面台リフォームする場合の費用と施工期間

洗面所の広さや設置する機器によって価格や施工期間がことなります。洗面台だけ交換の場合スタンダードタイプが7~15万円、ハイグレードタイプが10~30万円くらいになります。工事面積1.5帖にスタンダードタイプの洗面化粧台を設置し、床のクッションフロア、天井・壁の壁紙貼替えなどで工事費込みの費用は150,000円~、工事面積2帖の場合200,000円~となります。工期は洗面台だけ交換の場合は半日~1日、洗面所全体のリフォームの場合は1日~4日となります。

洗面台をリフォームするメリット

お手入れしやすい洗面台に生まれ変わらせる

洗面台はホワイトを基調としたデザインが多く、水垢の汚れが目立ちがちです。特に洗面ボールの汚れは目に付きやすく、頻繁に掃除をする必要があるでしょう。

そんな洗面台をリフォームするのであればは、お手入れのしやすい素材を選ぶのがおすすめ。傷が付きにくく、しっかり磨ける陶器や耐久性に優れた人工大理石、ガラス質によるコーティングで湿気や水に強く、汚れが付きにくいホーローなどの素材を選びましょう。

また、水垢が目立ちやすい水栓金具を水のはねにくい位置に取り付けることで、普段のお手入れを簡単に済ませられます。

洗面所の収納力をアップさせる

洗面台をリフォームする時に収納スペース付きのものを選択することで、洗面所の収納力が上がります。

足りない収納スペースを補うために、棚を買い足してはスペースの限られた洗面所に設置して、どんどん狭くしていませんか?洗面所が多くのケアアイテムや洗濯物で溢れていると、使いにくくなります。また目につくところに歯ブラシや基礎化粧品などが置かれていると生活感が出て、見た目が良くありません。

油断するとすぐに物が溜まってしまう場所だからこそ、収納力も高い洗面台にすること、使いやすく・お洒落な理想の暮らしへと近づけられます。

洗面台のパーツごとに交換可能

洗面台のリフォームでは、洗面台のパーツのみを交換できます。

硬いガラス製の化粧品などを落として洗面ボールが割れてしまった、蛇口に水垢やサビがこびりついて汚れが取れないなど、希望に沿って気になる場所だけリフォームすることが可能。古い家屋の場合は水とお湯のハンドルが別々になっていることもありますが、洗面台のリフォームで水とお湯の切り替えが簡単に行える混合水栓に取り替えれば、以前よりも快適な暮らしができるでしょう。

洗面化粧台の種類

洗面化粧台の種類には、ユニットタイプ・システムタイプ・カウンタータイプの3つがあります。それぞれの洗面化粧台の特徴について紹介します。

ユニットタイプ

比較的に手頃な値段のため一般的によく選ばれているタイプの洗面化粧台です。 洗面ボールや鏡、収納キャビネットが一体化しているもので、アパートやマンションなどの狭い環境で見かけることが多いでしょう。 サイズやデザインが豊富なので、好みの洗面化粧台を見つけやすいのが特徴です。

システムタイプ

ユニットタイプと比べると値段は上がりますが、全てのパーツを自由に選んで組み合わせられるので、戸建て住宅などに採用されています。 浴室のカラーと合わせることで統一感が出せるため、インテリアにこだわりを持つ方にはシステムタイプがおすすめです。

カウンタータイプ

広いカウンターを備えたタイプの洗面台です。カウンタータイプにはカウンターと洗面ボールが一体化しているものと、カウンターの上部に洗面ボールを設置するタイプの2種類があります。収納面はユニットタイプやシステムタイプと比べてやや劣りますが、すっきりとスタイリッシュな印象を与えられるでしょう。

洗面化粧台のリフォームについて

洗面化粧台の交換目安とは?

一般的な洗面化粧台の寿命は15〜20年です。広く採用されている洗面化粧台には陶器製の洗面ボールが多く、丁寧に扱えば20年ほどはもつでしょう。

しかし、普段通りに使用していても不注意で化粧水の瓶やドライヤーなどの重いものを落下させたことにより、洗面ボールにヒビが入ってしまうこともあります。ヒビ割れは水漏れの原因になってしまうので、寿命に達していなくても洗面ボールを交換した方が良いでしょう。

また、洗面化粧台のメンテナンス不足で本来の寿命をさらに縮めてしまう可能性もあります。洗面台の排水溝部分のお手入れを怠ると、排水管内部が劣化して交換が必要になる可能性も。不具合の状況によっては、洗面ボールや配管だけでなく洗面化粧台全体の取り替えが必要です。

洗面台のリフォームの流れ

洗面台のリフォームを決めたら、まずは実物を見ることが大事です。商品カタログを見るだけでは使用感はわからないので、メーカーのショールームやホームセンター、家電量販店のリフォームコーナーなどで実際の商品に触れてみてください。

希望する洗面台が決まったら、見積もりを取ってもらいましょう。この際、単一業者だけでなく複数業者に見積を依頼することで、リフォーム代を安く抑えられる可能性があります。

施工業者が決まったら、工事日を決めて工事を行います。洗面化粧台のみの施工には約半日、床や壁も合わせてリフォームする場合には数日から1周間程度の期間がかかるでしょう。

洗面化粧台リフォームの費用について

洗面化粧台はメーカーごとにスタンダードグレード・ミドルグレード・ハイグレードの3つのグレードに分けられます。

スタンダードグレードの洗面化粧台にかかる費用は10〜15万円程度。床や壁の張替えを同時に行った場合でも約20万円程度でしょう。ミドルグレードの洗面化粧台のリフォーム費用は15万円〜25万円程度、ハイグレードタイプでは30万円〜というのがリフォーム費用の相場です。

希望と予算を照らし合わせて、お好みの洗面台を決めてください。

洗面台リフォームの費用を抑えるポイント

1.洗面台のメーカーをこだわらない

洗面台を選ぶ時にメーカーを絞らないようにするのが費用を抑えるポイントになります。

例えば、同じグレードの洗面台であればTOTOとLIXILを比較すると、LIXILの方が低価格で提供されることが多いようです。どちらも知名度の高いメーカーですし、機能面を見るとLIXILに遜色はありません。できるだけ安い洗面台を探したい時は、同グレードの複数メーカーの見積もりを出してもらうのがおすすめです。

2.床や壁のリフォームを一緒にやってしまう

洗面台のリフォーム時に床や壁紙の張替えも同時に行うことで費用と時間を削減できます。洗面台リフォームのオプションとして床や壁紙の張替えを依頼すると4〜5万円程度で全て行ってもらえます。

3.大手ではなく地元の工務店に依頼する

洗面台リフォームの際には有名大手ではなく、地元の優良工務店に依頼しましょう。

地域に根ざした地元の工務店は、大手のように広告宣伝費をかけていないので、施工総額を安く抑えることができます。

洗面台選びで失敗しないコツ

洗面台を選ぶには洗面台の幅や高さが合っていることが重要です。

せっかく希望の洗面台が見つかっても、洗面所のサイズに合わなければリフォームが難しくなってしまいます。 洗面台に合うように洗面所のスペースを広げる場合には、さらに費用がかかってしまうでしょう。

また、洗面台の収納スペースも考えておかなければなりません。収納スペースが足りなければ、物がごちゃごちゃしてしまいますし、余計な棚を買い足す必要も出てきます。

洗面台を選ぶ時は普段の使い勝手を考えて選ぶようにしてください。

ユニテアイコン
思い立ったら、まずはとりあえず相談してみましょう!(株式会社ユニテ)

一般の方がリフォームについて想像できることより、実際にリフォームでできることの方がずっと多様性があり、利便性が大きく改善されることが多いです。日々様々な技術や商品が開発されているので、一人で悩まず、是非リフォーム会社に相談されることをお勧めします。
なおユニテのショールームでは各種リフォームサンプル展示の他、ゆったりお話ができる個室の打ち合わせスペースをご用意しております。また毎月テーマが変わる富山県内の作家さんによる手づくりギャラリーを併設。さらに富山では珍しい各地から取り寄せたドライフルーツ&ナッツ専門店(クノップ)が隣接していたりと、いろいろ楽しめますので、是非足を運んでみてください。

監修会社情報
株式会社ユニテ公式HPキャプチャー
引用元HP:株式会社ユニテ
https://www.yunite.co.jp/

株式会社ユニテ

ユニテ様は富山で28年間の実績と信頼をもつ地元の優良企業。今回、当サイトへの施工事例掲載のために、地元で有名なリフォーム会社であるユニテ様に取材を申し込みました。

ユニテ様は住宅メンテナンスからはじまり、現在は住宅リフォーム事業と不動産業、注文住宅の設計・施工を手掛けています。年間1,000件以上のリフォーム依頼があり、部分リフォーム・リノベーション・増改築・全面改築の全てに対応。また同社の注文住宅のMagHaus(マグハウス)では、お洒落で、自然素材+最先端技術の住宅設計・施工を行っています。

構造や建築様式に得手不得手がなく、ほぼ全ての住宅リフォーム、リノベーションの要求に対して、柔軟に対応できます。そのため木造住宅、コンクリート住宅、鉄骨住宅、マンション、ビル等、建物の種類を問いません。

24時間365日体制でアフターフォローも万全。緊急時だけでなく、どんなに小さな工事でもフォローする体制が整っており、相談すればすぐに駆けつけてくれる頼りになるリフォーム会社です。

【ショールームがあります】
設備や素材のサンプルを実際にみながらや、個室相談スペースでゆったり相談することもできます。
また富山の作家による小物などの手作りギャラリー併設。ドライフルーツ&ナッツ専門店(クノップ)と隣接しています。

LIXIL主催 加盟店向け
コンテスト受賞歴

全国秋のリフォームコンテスト2018
平成30年度 総合ポイント賞 中部第1位、全国第7位
まず窓賞 中部第1位
北陸ブロック賞 北陸第1位

相談・見積り無料
ユニテの公式サイトでリフォーム事例と流れを確認

以下の施工事例を実施した会社株式会社ユニテ