富山でリフォーム&リノベーションしま専科 » リノベーション・リフォーム » リフォームするタイミングはいつ?

リフォームするタイミングはいつ?

自宅を建てた、購入した際、気になるのは「いつリフォームをしたら良いのか」ということ。住宅はやはり年数が経つことによって痛んでしまったり、家族構成やライフスタイルが変わることでリフォームが必要になります。そこで、「築年数」と「ライフスタイルの変化」という2つの観点から、リフォームを考えるポイントをご紹介。タイミングによって考えるべきリフォームのポイントが変化しますので、ぜひ参考にしてみてください。

築年数から見るリフォームのタイミング

家はそれぞれの築年数によって必要なリフォームのポイントが変わってきます。まずはそれぞれの築年数に応じて考えられるリフォーム内容についてご紹介していきます。

新築

建てられてから年数が浅い家の場合は、リフォームが必要になることはあまりありませんが、定期的な点検や清掃はきっちりと行いましょう。この点検・清掃がのちのち住宅を長持ちさせることにも繋がります。

家を建ててから5年〜10年の時期

家を建ててから5年〜10年ほど経つと、家の中・外ともに汚れや小さな部分の破損が目立ってきます。「まだ大丈夫だろう」と放っておくと、のちに大きな問題にもなりかねませんから、早めに対処しておきたいところです。

例えば、家の中のクロス。継ぎ目がめくれてしまい、剥がれているところを補修することも多いでしょう。剥がれていなかったとしても、浮きが目立ってきている場合には早めの張り替えリフォームを行うことをおすすめします。クロスではなく塗り壁の場合は、汚れが目立ってきていたら塗り替えを検討しましょう。建具の建て付けの確認も行い、もし必要があれば直しておきましょう。

家の外については、給排水管の配管クリーニングや外装の清掃をしっかりと行うべき時期。万が一外装が色あせてきた場合やヒビが入ってしまっている場合などには修復を依頼してください。藻や苔が生えてきている場合も同様です。また、屋根瓦の場合にも瓦の割れやズレを見つけた場合には早めに補修が必要です。

家を建ててから10〜15年の時期

家を建ててから10年から15年ほど経過すると、家のさまざまな場所で故障や破損が目立つようになってきますので、本格的にリフォームを検討し始める人もいます。

家の内部で言うと、毎日使用している水回りに関するリフォームが必要になってきます。例えば給湯器が故障したことに伴う取り替えやお風呂場の浴槽や便器、洗面台、シンクのリフォームを行うことが多くなるでしょう。特に湿気が多い場所でもあるため、床や壁、天井の補修も必要となってくるかもしれません。蛇口やシンク下から水漏れしてしまっている場合にも早めのリフォームが必要です。

家の外部では、外壁の塗り替えやタイルなどの部分補修を行う時期。外壁の色あせや光沢の低下、外壁を触ると白い粉が手に付着するようになってきている場合には塗替えなどのリフォームを行う時期と判断しましょう。また、雨どいなどの全体的な補修も必要になってくる場合もありますので、点検を行っておくと安心です。

家を建ててから15年から20年の時期

家を建ててから15年以上経った頃が、本格的なリフォームを検討し始める時期となります。この時期は見えない部分にも腐食や破損が出てくる時期ですので、土台や給排水管への対応も必要です。また、20年以上経つと住宅の耐用年数や家族構成の変化もありますので、増改築や全面的なリフォームをする人が多くなってきます。

これまで問題なく使ってきたキッチンなども、シンク表面の汚れが目立つ・劣化するなどの状態になったらリフォームの時期。お風呂に関してはタイルの割れや傷がある場合には、そこから浸水してしまうために土台や柱に影響を与えてしまう場合があります。

また、家の外については、屋根の色が褪せてばらつきが出てきたり、苔や藻が生えていることも。また、場合によっては屋根にヒビが入ってしまっていることもありますので、早めのリフォームが必要になってきます。

ただし、この時期のリフォームについては、間取りも含めた全面的なリフォームを行うケースも多くなってきます。例えば家族構成が変化したときなどは間取りの変更が必要になってきますし、介護がしやすい住宅へのリフォームも考えられます。そのため、家族構成や生活に合わせたリフォームプランが必要になってくるでしょう。

ライフスタイルの変化から見るリフォームのタイミング

築年数ももちろんリフォームを考える基準になりますが、ライフスタイルの変化も家のリフォームを考えるタイミングとなります。ここでは、年代に応じたライフスタイルの変化に応じて、どんなリフォームが考えられるかを見ていきましょう。

20〜30代のころ

20代から30代にかけては、結婚や子どもの誕生のタイミングを迎える人が多い年代。そのため、マイホームの購入を検討しはじめる人が多く、中古住宅を購入する場合は一戸建て・マンションともにリフォームを同時に行うケースが多くなります。

例えば中古住宅を購入した場合、部分的にリフォームを行うのであればキッチンやトイレ、お風呂など水回りなど目に見える設備だけに注目しがちです。しかし構造体や配管といった「目に見えない部分」がどんな状態になっているのかをしっかりと確認し、必要があれば一緒にリフォームすると今後安心できる住まいになります。

中古マンションを購入する場合には、間取りや設備を充実させることにより、さらに住みやすい部屋にすることになるでしょう。

また子どもが生まれたことに伴う住宅購入の場合は、子ども部屋を作るためのリフォームも検討する必要があります。この時のポイントとしては、小さな頃から親の目が届かない個室を与えるのではなく、「開放的な個室空間」を子どもに与えるのが理想的です。そのため、成長に応じて形態を変えられる子ども部屋にリフォームすることを考えると良いでしょう。

40代のころ

40代に入ると、子どももある程度成長し、家族ひとりひとりの生活スタイルを重視した空間が必要になってきます。

個室というと子ども部屋と考えがちですが、最近は夫婦それぞれも自分の時間を大切にできるような個室を作るケースも増えてきているようです。特に自宅で仕事をしている人のための仕事部屋や、趣味に没頭できる部屋などが考えられます。

また、子どもについてはそろそろ受験の時期を迎えるケースも多くなってくる時期。そのため、子どもが集中して勉強できる部屋が必要になってきます。すでに子ども専用の個室がある場合は問題ありませんが、もし子ども部屋がない場合には、このタイミングで個室を作るためのリフォームを検討してみてはいかがでしょうか。

50代のころ

50代に入ると、子どもも独立することが多くなってきます。この頃から、夫婦も第二の人生を考え始めることになるでしょう。この時期は、子どもも結婚し、同居の話なども出てくることもあるかもしれません。その場合は2世帯住宅へのリフォームを考えることになります。

また、子どもと同居しない場合には、部屋が余ってしまうこともしばしば。そのため、夫婦がより快適に過ごすことができるような住まいへのリフォームを検討することが多いでしょう。例えば、子どもたちの里帰りに備えて、リビングを広く過ごしやすい空間にリフォームすることが多いようです。

60代のころ

60代は仕事をリタイヤするケースが多くなってくるため、夫婦が家で過ごすことが増えてくる時期です。この時期からは、介護に対応した家へのリフォームを検討することが多くなってきます。

段差をなくしたり、手すりをつけたり、浴槽を広くするなど、自宅で介護を行うために取り入れたいポイントは多くありますので、リフォーム会社と相談しながらプランを立てていくことをおすすめします。

リフォームのタイミングを見極めよう

さまざまな観点から、リフォームのタイミングをご紹介してきました。とはいえ、リフォームすべきかどうかの見極めは非常に難しいもの。そこで頼りになるのが信頼できるリフォーム会社です。気になる部分があったら、ぜひリフォーム会社に相談してみましょう。タイミングに合ったリフォームのプランを提案してくれるはずです。

ユニテアイコン
思い立ったら、まずはとりあえず相談してみましょう!(株式会社ユニテ)

一般の方がリフォームについて想像できることより、実際にリフォームでできることの方がずっと多様性があり、利便性が大きく改善されることが多いです。日々様々な技術や商品が開発されているので、一人で悩まず、是非リフォーム会社に相談されることをお勧めします。
なおユニテのショールームでは各種リフォームサンプル展示の他、ゆったりお話ができる個室の打ち合わせスペースをご用意しております。また毎月テーマが変わる富山県内の作家さんによる手づくりギャラリーを併設。さらに富山では珍しい各地から取り寄せたドライフルーツ&ナッツ専門店(クノップ)が隣接していたりと、いろいろ楽しめますので、是非足を運んでみてください。

監修会社情報
株式会社ユニテ公式HPキャプチャー
引用元HP:株式会社ユニテ
https://www.yunite.co.jp/

株式会社ユニテ

ユニテ様は富山で28年間の実績と信頼をもつ地元の優良企業。今回、当サイトへの施工事例掲載のために、地元で有名なリフォーム会社であるユニテ様に取材を申し込みました。

ユニテ様は住宅メンテナンスからはじまり、現在は住宅リフォーム事業と不動産業、注文住宅の設計・施工を手掛けています。年間1,000件以上のリフォーム依頼があり、部分リフォーム・リノベーション・増改築・全面改築の全てに対応。また同社の注文住宅のMagHaus(マグハウス)では、お洒落で、自然素材+最先端技術の住宅設計・施工を行っています。

構造や建築様式に得手不得手がなく、ほぼ全ての住宅リフォーム、リノベーションの要求に対して、柔軟に対応できます。そのため木造住宅、コンクリート住宅、鉄骨住宅、マンション、ビル等、建物の種類を問いません。

24時間365日体制でアフターフォローも万全。緊急時だけでなく、どんなに小さな工事でもフォローする体制が整っており、相談すればすぐに駆けつけてくれる頼りになるリフォーム会社です。

【ショールームがあります】
設備や素材のサンプルを実際にみながらや、個室相談スペースでゆったり相談することもできます。
また富山の作家による小物などの手作りギャラリー併設。ドライフルーツ&ナッツ専門店(クノップ)と隣接しています。

LIXIL主催 加盟店向け
コンテスト受賞歴

全国秋のリフォームコンテスト2018
平成30年度 総合ポイント賞 中部第1位、全国第7位
まず窓賞 中部第1位
北陸ブロック賞 北陸第1位

相談も見積りも ¥0
ユニテの公式サイトを見る→