富山でリフォーム&リノベーションしま専科 » リノベーション・リフォーム » 散村の住宅リノベーション

散村の住宅リノベーション

散村地帯の住宅に住んでいる人、住宅を取得した人向けに、散村住宅をリノベーションするポイントについて解説します。

散村とは?

広い耕作地に少数の家がまばらに点在しているような集落形態を散村といい、住宅と住宅の距離がかなり離れていて住宅の周りは田んぼや畑です。散村は平野の中にポツンポツンと住居があって風を遮るものがないため、家の周りに防風林を植えて対策を取っています。また伝統的に切妻屋根の家屋が多いという特徴があります。

富山県の散村

富山県には日本最大級の散村地帯があり、砺波平野や黒部川扇状地に見られるような集落形態を散村といいます。砺波平野の場合、家を水害から守るために平野の中の比較的高い部分に一戸建てを建築し周りの土地を耕したために散村が生まれたとされています。散村のことを富山県では「散居村」と呼ぶことが多いようですが、会話の際に「山村」と区別するためだと言われています。

散村の住宅はリフォームやリノベーションしたほうがいい?

リノベーションしたほうがいい人

今後も長く住む予定があって不便を感じている

散村の住宅を買ったり相続で手に入れて、今後散村に長期的に居住する人の場合、築年数が過ぎて傷みが多い、現代の生活様式に馴染まない住いであるなどの問題があれば、今後の生活を考えてリノベーションを考えたほうがいいでしょう。

長期的に生活にかかるコストや手間を抑えたい

古い住宅をそのまま使っていると断熱性が良くないため光熱費が高くなったり、破損の度に修理を行わなければならなかったりするので長期的に見てコストと手間がかかります。一度リノベーションをして住宅機能を上げれば短期的にはお金はかかりますが、長期的には割安となります。

リノベーションしないほうがいい人

昔ながらの生活に憧れている

伝統的な生活や田舎暮らしに憧れて散村の住宅を手に入れて移住したという場合、古い住宅なので不便さもあるかもしれませんが憧れの生活を満喫しましょう。不便さを楽しむような生活が性に合うならリノベーションは必要ないでしょう。リノベーションはいつでもできるので必要になったらすればいいのです。

できる限り伝統的な散村住宅の良さを残したい

住宅の古さや伝統に価値を感じているなら積極的なリノベーションは行わず補修などに留めておきましょう。住宅の古さを後世に伝えたい、古さを利用したビジネスをしたいと考えて散村の住宅を買う人もいるからです。リノベーションしてしまうとせっかくの「古さ」が損なわれてしまいます。

富山県ではどんなリノベーションをしたらいい?

散村は住宅同士の距離があるため防音にはあまり気を遣わなくても問題ないです。リノベーションは自然環境に耐えられるかどうかを焦点に考えます。雪があるので冬期とそれ以外では生活がガラリと変わってしまいます。土地の事情を熟知した業者に依頼すると心強いので、ぜひ地元の業者に依頼してください。

間取り変更

伝統的な散村住宅は農村にあるので3世代同居が前提で部屋数が多いです。部屋数が多すぎて使い勝手が悪いなら間取りごと変更しましょう。同時にバリアフリー化すると高齢になっても安心して住むことができます。

富山県必須の雪対策

富山県は全域が豪雪地帯で特別豪雪地帯に指定されている場所も多いのでリノベーションする時には必ず雪対策を行いましょう。できれば屋根雪を下ろす必要がない住宅にすると冬の除雪中に屋根から転落する事故を減らせます。雪国には家を雪から守るため、冬期に家を板などで囲う「雪囲い」をする習慣がありますが、最近は雪囲いをしなくても問題なく暮らせる家が増えています。できればそういう住宅に作り変えることをおすすめします。不可能な場合は業者と相談して雪囲いをしやすいようにしてもらいましょう。

結露対策

富山県は日本海側なので冬場の結露が多く、寒い部屋から暖かい部屋にノートパソコンを移動させると結露による水滴で破損する事もあります。部屋ごとの温度差を少なくするリノベーションに対応した業者も増えているので相談してみることをおすすめします。

断熱対策

壁には必ず断熱材を入れましょう。風雪に耐えるためだけでなく光熱費を安くする効果もあります。断熱効果のある塗料もあるので必要に応じて使用しましょう。

風対策

平野部にある散村住宅は直接風の被害を受けるので、防風林を残した状態でリノベーションを行って風やホコリから家を守りましょう。

リノベーション時には隙間風を防ぐ施工以外にも台風などの際に室内からでも用意に開閉できる使い勝手の良い雨戸を設置するなどの風対策をしたほうが良いでしょう。窓には割れや劣化に強いガラスやサッシを導入しましょう。

ユニテアイコン
思い立ったら、まずはとりあえず相談してみましょう!(株式会社ユニテ)

一般の方がリフォームについて想像できることより、実際にリフォームでできることの方がずっと多様性があり、利便性が大きく改善されることが多いです。日々様々な技術や商品が開発されているので、一人で悩まず、是非リフォーム会社に相談されることをお勧めします。
なおユニテのショールームでは各種リフォームサンプル展示の他、ゆったりお話ができる個室の打ち合わせスペースをご用意しております。また毎月テーマが変わる富山県内の作家さんによる手づくりギャラリーを併設。さらに富山では珍しい各地から取り寄せたドライフルーツ&ナッツ専門店(クノップ)が隣接していたりと、いろいろ楽しめますので、是非足を運んでみてください。

監修会社情報
株式会社ユニテ公式HPキャプチャー
引用元HP:株式会社ユニテ
https://www.yunite.co.jp/

株式会社ユニテ

ユニテ様は富山で28年間の実績と信頼をもつ地元の優良企業。今回、当サイトへの施工事例掲載のために、地元で有名なリフォーム会社であるユニテ様に取材を申し込みました。

ユニテ様は住宅メンテナンスからはじまり、現在は住宅リフォーム事業と不動産業、注文住宅の設計・施工を手掛けています。年間1,000件以上のリフォーム依頼があり、部分リフォーム・リノベーション・増改築・全面改築の全てに対応。また同社の注文住宅のMagHaus(マグハウス)では、お洒落で、自然素材+最先端技術の住宅設計・施工を行っています。

構造や建築様式に得手不得手がなく、ほぼ全ての住宅リフォーム、リノベーションの要求に対して、柔軟に対応できます。そのため木造住宅、コンクリート住宅、鉄骨住宅、マンション、ビル等、建物の種類を問いません。

24時間365日体制でアフターフォローも万全。緊急時だけでなく、どんなに小さな工事でもフォローする体制が整っており、相談すればすぐに駆けつけてくれる頼りになるリフォーム会社です。

【ショールームがあります】
設備や素材のサンプルを実際にみながらや、個室相談スペースでゆったり相談することもできます。
また富山の作家による小物などの手作りギャラリー併設。ドライフルーツ&ナッツ専門店(クノップ)と隣接しています。

LIXIL主催 加盟店向け
コンテスト受賞歴

全国秋のリフォームコンテスト2018
平成30年度 総合ポイント賞 中部第1位、全国第7位
まず窓賞 中部第1位
北陸ブロック賞 北陸第1位

相談も見積りも ¥0
ユニテの公式サイトを見る→

以下の施工事例を実施した会社株式会社ユニテ