HOME » 富山の住宅リノベーションNavi » リフォームやリノベーションと建替えのメリット・デメリット

リフォームやリノベーションと建替えのメリット・デメリット

一戸建て住宅の場合、「リフォームやリノベーションと建替えのどちらにしようか?」と悩まれる方も多くいらっしゃいます。

リフォームやリノベーションと建替えの後悔のない選択をするためには、それぞれのメリット・デメリットを把握する必要があります。

そのうえで、建物の状態、ライフサイクルやコストパフォーマンスなどを総合的に勘案し、適切な判断をしましょう。

リフォーム・リノベーション・建替えの定義

リフォームの定義

ペンキ

一般的に「リフォーム」とは、経年変化により劣化した建物を新築時の状態に戻すことを言います。

具体的には、お風呂、トイレ、システムキッチンの取替えといった部分的リフォームから壁のクロス張替えや床フローリングの張替え、収納の取替え、外壁の塗り直しなど目に見える部分一式を新しくする大規模リフォームまで、範囲を選択したうえでできる工事がリフォームです。

リフォームは壊れたり、劣化により汚れたりした部分を元の機能に戻すことと定義されます。

リノベーションの定義

「リノベーション」は既存建物をスケルトン状態(基礎、主要な柱や梁以外をすべて取り除いた状態)にしたうえで、大規模で自由度の高い工事を行うことを言います。

リノベーションにより、デザイン性の高い仕様にしたり、耐久性、耐震性や省エネ性能を向上させたり、ライフサイクルによる間取りの変更を行ったりすることができます。

リノベーションは元の機能に戻すということではなく、新しい付加価値や機能を刷新・創造することと定義されます。

リフォームとリノベーションの違いについては、本サイト内の「リノベーションとリフォームの違いを詳しく比較」もご参照ください。

建替えの定義

「建替え」はリフォームやリノベーションと違い、建物の基礎部分まですべてを解体し、更地の状態から住宅を建築することを言います。

いわゆる新築工事と同じ意味で、まったくのゼロの状態から設計し建築するため、自由度や新しい付加価値や機能を生むことが非常に高い工事と定義されます。

あとはコストとのバランスが重要になります。

リフォームやリノベーションのメリット・デメリット

リフォームやリノベーションのメリット

建替えに比べ建築費が安くなります。

工期が短くてすみます。

思い入れのある建物を解体する必要がありません。

内装、外装ともに新築時の状態に戻せます。

工事範囲を特定し、無理のない予算組みができます。

工事範囲が特定できるため、時期を分けるような段階的な工事も可能です。

仮住まいや引越しが必要ありません。(リノベーションの場合、スケルトン状態にする時は必要となります)

各種税金(登録免許税、不動産取得税、固定資産税、都市計画税)の軽減が可能です。

リフォームやリノベーションのデメリット

既存建物の構造により、間取り変更を含む設計の自由度が制限される場合があります。

構造補強を含めたリフォームや極度にデザイン性や高機能を追求したリノベーションの場合、建替えより建築費が高額になる場合があります。

シロアリ被害や激しい劣化など、後から必要であると判明する補修費用がかかる場合があります。

建替えのメリット・デメリット

スケルトン

建替えのメリット

一から建て直すため、自由度の高い設計が可能です。

金融機関によるローンが利用しやすいです。

建築確認済証が発行されるため、遵法性について安心感があります。

建替えのデメリット

建築費が高くなります。

工期が長くなります。

思い入れのある建物を解体する必要があります。

仮住まい、引越しをしなければならないため、コストや労力が必要となります。

建築基準法により、再建築が不可の場合があります。

各種税金(登録免許税、不動産取得税、固定資産税、都市計画税)が課税されます。

まとめ

リフォームやリノベーションと建替えをいろいろな判断要因に基づいてまとめてみましょう。

自由度

リフォーム < リノベーション < 建替え

コスト

リフォーム < リノベーション < 建替え

工期

リフォーム < リノベーション < 建替え

このように、あなたの優先順位において何が高いのかにより、リフォームやリノベーションを選択するのが良いのか、建替えを選択するのが良いのかが判断できると言えます。

コストパフォーマンスや工期、ライフスタイルを優先したいのであれば、リフォームやリノベーションを選択し、自由度や長期的資産価値を優先するのであれば建替えを選択するということになります。

ご自身のライフプランやライフスタイル、ご予算などをよく考え、悔いのない選択をしていただければと思います。

ただし、家が傾いていたり、基礎部分にヒビが入っていたり、構造的に歪んでいたり、シロアリ被害などによって柱が腐っていたりする場合など、建替えしか選択肢がない場合もあります。

安全性も重要な判断要因です。ご自身の優先順位のみならず、総合的に施工業者さんと相談し、適切な判断を下してください。

こういった総合的な判断を下すうえで、頼りになる富山県の施工業者さんを本サイトでもご紹介していますので、ぜひご参照ください!

リフォームイメージ画像

富山の住宅リフォーム会社
どこを選ぶ?

リフォーム会社のサイトを見ると、どこも似たような工事項目やアフターサービスの内容であることがほとんど。
どこにお願いしたら良いのか、なかなか判断しにくいものです。
そこで、富山のリフォーム会社のなかでも評判が良い5社を比較しました。
住まいのリフォームを検討している方は、要チェックです!

サイトマップ