HOME » 富山の住宅リノベーションNavi » リノベーションするタイミングはいつ?

リノベーションするタイミングはいつ?

築年数ごとの変化

まずは、築年数ごとに住宅がどのように変化するのか確かめていきましょう。

5~10年

新築物件にもまだまだ数えられる築年数5~10年の時期は、細かい所の破損や汚れが現れ始める時期です。外壁のちょっとしたひび割れや壁の凹みなど、気になる部分はあるものの早急なメンテンスは必要ではありません。ただ、細かい部分を修復することで後々の修復費用が安くなることもありますので、この時期は特に気になるところ、目立つ部分だけを修復するのが良いでしょう。

10~15年

少しずつ不具合が目立つようになる時期が、築年数10~15年のタイミングです。特に、浴室やトイレなど水回りは、使用頻度が高く湿気が多いため、他の部分よりも劣化が早く現れます。そのため、この時期は水回りのリノベーションに適した時期となります。また、外壁などに大きな亀裂が入るのもこの時期彼増え始めるため、注意深く確かめておき、可能なら補修を行いましょう。

15~20年

建築後15~20年が初めて訪れる大規模修繕時期といわれています。特に、壁紙などの目に見えるところではなく、排水管や建物の土台部分といった建物の基礎部分に老朽化が現れ始めます。そのため、この時期にはタイミングを見計らって、基礎部分を含めた改修を行うことが求めれています。

20~30年

一般的な住宅の耐用年数は30年前後だといわれています。つまり、この時期になる、あるいは過ぎた住宅は増改築などを視野に入れたリノベーションが必要となります。もちろん、構造や使い方によって住宅の痛み具合には差が現れますので、すぐに行う必要がない場合もあります。しかし、今は良くても次の年には不具合が発生する可能性もあるため、安全に生活するためには資金の目処がつき次第リノベーションについて検討を始めるようにしましょう。

部位別のタイミング

建築年数から考えると、リノベーションに適したタイミングは築15~20年といえるでしょう。しかし、部位によってタイミングが異なるため、全体よりも部位ごとにリノベーションをしたいと思う人もいます。そこで、部位別に交換時期をまとめてみます。

部位 リノベーション時期
外壁 10~20年
屋根 10~20年
キッチン、トイレ、浴室など 10~20年
内装 10年
20~30年

こうしてみると、どの部位もリノベーション時期が10~20年に固まっていることがわかります。そこで、全てを一度に行うのではなく、10年を過ぎたら状況に合わせて徐々にリノベーションを行っていきましょう。特に、15~20年頃は建物自体の改修が必要ですので、内装などはその際に合わせて行うのも良いかもしれません。

マンションのお勧めは築年数24年

さて、現在は中古マンションを購入しリフォームすることで安く、新しい部屋に住めると人気を集めています。リフォーム目的のマンションを購入する場合、築年数24年部屋を購入するのが理想的だといわれています。

これは、各減税の対象になるのが25年以内に建築された住宅に対応しているため、底値と控除の条件を満たす最適なタイミングとなっているのです。また、このような築年数の建物は購入額と売却額の相場にあまり差が現れていないため、手放すときのリスクを最小限に抑えられるというメリットもあります。

また、築20年以上になるとマンションの管理体制が如実に現れます。自室はリフォームできても、外壁などの共有部分はできません。つまり、細かいところまで管理が行き届いている=管理体制が行き届いていることがわかります。

築20年以上できちんと管理されていれば、今後も不具合が起きにくく安心して生活ができるでしょう。築年数が低いと管理体制までは見極められないため、ある程度築年数が経ったマンションがリフォームには最適なのです。

リフォームイメージ画像

富山の住宅リフォーム会社
どこを選ぶ?

リフォーム会社のサイトを見ると、どこも似たような工事項目やアフターサービスの内容であることがほとんど。
どこにお願いしたら良いのか、なかなか判断しにくいものです。
そこで、富山のリフォーム会社のなかでも評判が良い5社を比較しました。
住まいのリフォームを検討している方は、要チェックです!

サイトマップ