HOME » 富山にある住宅リフォーム会社の正しい選び方

富山にある住宅リフォーム会社の正しい選び方

富山でリフォームをお考えの方のために、知っておきたいリフォーム会社選びのポイントを紹介しています。

富山で満足のいく住まいに甦らせるためのリフォーム会社選び

リフォームを成功させるには、まずは目的をはっきりさせることです。

リフォーム会社選びのコツ「もっと使いやすい最新式のシステムキッチンがほしい」、「大容量の収納スペースがあれば便利」、「お年寄りにも安心な手すりを各所に設置したい」など、リフォームに関するお悩み、ご要望は人によって異なります。

それらを叶えるために。住宅リフォームを成功させる上での業者選びは、自分たち家族が心から安らげる住まいを手に入れる第一歩ではないでしょうか。

理想的なリフォームを実現するには、なによりも施工してくれる会社選びがもっとも大切だと思います。

そうした視点から、実績やこだわり、アフターサービスの充実度などに的を絞って、富山エリアで実績のあるリフォーム会社を選びましょう。

家[ポイント1]地元富山で実績を持っているか?

地元密着型で永年の実績のある会社は、信頼して良いでしょう。大企業はネームバリューで信用はありますが、地域に密着した近隣の工務店やリフォーム会社は、富山という地域の特性を熟知しており、親切・柔軟に対応してくれます。

また、不具合箇所の手直しやメンテナンス・ 緊急対応なども、地元密着企業なら近くて便利ですし、こまめに応じてもらえますよ。

地元で10年以上営業を続けてきた会社なら、その実績は多くの人が利用してきた証とも言えます。要チェックしてくださいね。

家[ポイント2]こだわりをしっかり反映したリフォームをしてもらえるか?

予算内で、どこまでのリフォームが実現可能かを聞きましょう。良い担当者であれば、予算内で要望を実現させる努力をしてくれます。もしくは、より要望に近づけるための提案をしてくれるはずです。

家[ポイント3]アフターサービスは充実しているか?

工事保証や瑕疵担保保証、アフターサービスをしっかりと行なってもらえるかは、事前にリフォーム会社に必ず確認してください。

不具合箇所の手直しや、メンテナンス・ 緊急対応など、工事後もなにかとお世話になることがあるからです。

業種別に見るリフォーム会社

「リフォーム会社」と一括りにしてしまいがちですが、実際にはリフォーム会社にもたくさんの業種があります。

そこでここではリフォーム会社の業種を紹介し、それぞれの特徴にも言及していきます。

リフォーム会社を選ぶ際に少しでも参考になれば幸いです。

リフォーム専門会社

住宅そのものは作らず、リフォームやリノベーションのみを専門に行う会社です。

ある意味リフォームブームの火付け役となった業種でもあり、ブームとともに広がってきた業種でもあります。

会社ごとにオリジナリティを打ち出していることも多いのが特徴です。

例えば古民家再生に強かったり、デザインが奇抜だったり、設計士を指名できたり、海外から輸入した建材を多く取り扱っていたりするなどです。

リフォーム専門とは言いながら、リフォームして住むことが前提の中古物件、俗に言うボロ物件を一緒に探してくれる会社もあります。

リフォーム前とリフォーム後の事例を自社のホームページに載せている会社が多いので、気に入ったリフォーム例が見つかったら問い合わせてみると良いでしょう。

ハウスメーカー

みなさんがテレビコマーシャルなどで最も多く見聞きし、よく知っている業種ではないでしょうか。

ハウスメーカーは基本的に「新築物件を作って売る」のが本来の仕事ですが、会社内にリフォーム専門の部署を作ったり、リフォームをする会社を立ち上げたりしてリフォーム業界に参入しています。

リフォーム予定の住宅を作ったのと同じハウスメーカーにリフォームを依頼すると、若干話がスムーズに進む事例があるようです。

ハウスメーカーには多くの設計士や建築デザイナーがおり、大規模なリフォームを得意とする傾向があります。

また、大手ハウスメーカーであればリフォーム後の保証内容も充実していることが多いです。

難点は金銭的コストです。工事費に営業費や広報宣伝費が上乗せされるので、全体的に高いとされています。

工務店

家を売るのがハウスメーカーなら、家を作るのが工務店です。工務店は様々な職人を集めて、住宅工事そのものを管理しています。

工務店も家を作るだけではなく、リフォームを行っています。ハウスメーカーやリフォーム会社から依頼を受けて実際に作業を行うのが工務店の役割だと考えてください。

ハウスメーカーやリフォーム会社に頼むと、「工務店による工事費+ハウスメーカーなどの取り分」を支払うことになります。

「だったら始めから工務店に依頼すればいいのでは?」と思う人も多いでしょうが、工務店の多くは積極的に広報活動を行っていないので見つけづらいですし、口コミなどでの評判も少ない傾向があります。

これは、口コミの多くが実際に作業をした工務店ではなく、依頼の窓口となったハウスメーカーやリフォーム会社に関するものになることが原因だと考えられています。

自社で直接リフォームを請け負う工務店を見つけられれば、比較的低コストでリフォームができるでしょう。

設計事務所

建築家が住宅の設計を行っているのが設計事務所です。リフォームにも対応しています。建築家を指名して大規模なリフォームを行う様子を撮影したテレビ番組もあるので、馴染みのある人もいるかもしれません。

建築家の設計を気に入って依頼したいなどの理由があれば、問い合わせてみるのがおすすめです。有名な建築家に依頼できれば一定の安心感もあります。

しかし、設計事務所に依頼をできるのはあくまで設計だけです。実際に作業をしてくれる会社を別に探す必要があります。設計事務所から紹介を受けられることもありますが、そちらは別料金となります。

また、建築家が有名過ぎて多くの案件を抱えている場合、数ヶ月から数年先まで予約が埋まっていることもあります。

住宅設備メーカー

トイレやお風呂、キッチンなどの水回りには、そのための設備を専門に扱う業者があります。TOTOなどが有名です。

そういった業者が自分の得意分野を活かしてリフォームに対応していることがあります。

設備メーカーにリフォームを依頼すると、当然ながらトイレ単体、お風呂単体といったピンポイントでのリフォームになります。

設備は当然そのメーカー製のもののみで統一されます。メーカーが品質を保証してくれる安心感はありますが、他のメーカーの設備は排除されます。

施工自体は設備メーカーが指定した工務店が行うケースが多いです。その工務店に直接依頼しても、一旦設備メーカーを通すように言われることもよくあるようです。

コスト的なメリットはあまりありませんが、専門のメーカーが開発した最新の設備を導入できるという点は大きなポイントです。

家具やインテリアのメーカー

インテリアを単一のメーカーのものに統一したいときは、そのブランドにリフォーム部門がないか確認してください。例えば無印良品などはリフォームを行っています。

形式的にはリフォーム専門会社に依頼するときと同じですが、扱われる内装は全てそのブランドの物となるので部屋や家全体に統一感がでます。

リフォーム分の品物をまとめ買いするようなものなので、普通にインテリアを揃えるよりも多少割引があるかもしれません。ただし工事費などを含めてトータルで考えると、意外とお得感がなかったという声も聞かれます。

職人に直接依頼

職人の知り合いがいれば、いっそ直接頼むのも手です。日当と材料費のみで済みます。

金銭的な負担が最も少ない方法ですが、実はデメリットが多い方法でもあります。

職人は建築の1部分の専門家なので、対応できない部分が多いです。専門外のことを頼むと断られます。職人1人ではリフォーム全体をこなしきれないのです。

また、個人契約なので保証にはあまり期待できません。

そもそも職人にも仕事があるので、「何となく時間のあるときにやってください」といった緩いお願いになりがちです。下手すると日曜大工の延長になりかねません。

リフォーム業者のチェックポイント

できるだけ信頼できる業者を探し、リフォームを成功に導きましょう。そこで、チェックしておきたいリフォーム業者選びのポイントについてまとめています。

例えば、強引な勧誘をしてくるような売り込みの営業をする業者もありますし、クーリングオフに関する対応が曖昧なところもあります。大手であれば必ずしもデメリットがないとも限らないので、大手のリフォーム業者だけでなく、地元密着型の業者も検討してみたいですね。

以下に、避けておいたほうが良い注意すべき業者の情報についてもまとめています。これから業者選びをする際にはぜひとも参考にしてみてください。

「リフォーム業者のチェックポイント」を見る

資金の確認

一口にリフォームといっても、希望や内容、作業を依頼する業者によって必要な資金は変わってきます。実際の工事にかかる費用のほか、運送費や引越しに関する費用、必要に応じて荷物を一時的に置いておくためのトランクルームを借りる費用などいろいろなものがあるのです。

こういったものまでしっかり考えてどれほどの費用がかかるのか事前に良く想定しておきましょう。 一般的なキッチン・トイレ・浴室のリフォーム工事ではどれくらいの費用がかかるのかについて解説しています。

また、見積もり書に掲載されている「諸経費」には何が含まれているのかも紹介しているので押さえておきましょう。

「資金の確認」を見る

工事の手順を確認

リフォームでどれくらいの日数がかかるのかについては内容によってかなり違いがあります。

ですが、ほとんどの場合は1日や2日で終わるものではないでしょう。これまであったものを壊してから新たに工事をするわけなので、そういった時間についても考えておかなければなりません。 新築の場合は何もない1からの建設ですが、リフォームの場合は修繕・改修になるので様々な違いがあります。

キッチン・トイレ・浴室・和室から洋室へのリフォームをする場合でそれぞれどのような手順になるのか、工期はどれほど見ておいたほうが良いのかについてご紹介します。

「工事の手順を確認」を見る

リフォーム後の不具合が出た場合、保険はどうなるの?

お金をかけてリフォームをしたとしても、100%満足のいく結果が得られるとは限りません。後から不具合が見つかってしまうこともあるでしょう。

そこで気になるのが、どのような保証が用意されているのか?ということです。

民法で定められている保証については新築にしか適用されず、リフォームの場合は対象外となります。そこで、業者毎に設定している保証についてはよく確認しておきましょう。どこまで対応してくれるのか、再度リフォームをすることになった場合は費用がかかるのかは、いつまで保証がつくのかは業者によって対応が異なるため、万が一トラブルが起きた時のことを考えて事前に確認しておくと安心です。

そのうち不具合の連絡をしようと思っていたものの、対応期間が非常に短くて時間が空くと対応してもらえなかったといったケースもあるので注意が必要になります。

「リフォーム後の不具合が出た場合、保険はどうなるの?」を見る

まとめ

リフォームを行っている会社には、ハウスメーカー、設計事務所、リフォーム専門店などがあります。「そんな業種の会社がリフォームをしていたのか」と驚く人もいるかもしれません。

リフォームの際にはそれぞれの業種の特徴を考えて、しっかりと比較検討をしてください。

リフォームイメージ画像

富山の住宅リフォーム会社
どこを選ぶ?

リフォーム会社のサイトを見ると、どこも似たような工事項目やアフターサービスの内容であることがほとんど。
どこにお願いしたら良いのか、なかなか判断しにくいものです。
そこで、富山のリフォーム会社のなかでも評判が良い5社を比較しました。
住まいのリフォームを検討している方は、要チェックです!

サイトマップ