富山でリフォーム&リノベーションしま専科 » 富山のお役立ち情報 » 窓際の冷気対策

窓際の冷気対策

自分で対策する、リフォーム業者に依頼するなど、窓際の冷気対策についての様々な方法を紹介します。

 冬は窓から58%の熱が出て行ってしまう!

冬になると寒さとの戦いが始まる富山県ですが、まず考えるべきなのは窓際の冷気対策です。暖房している室内にいるのになかなか部屋が暖かくならない、冷たい空気が入ってくる、部屋が底冷えするなどと感じることがよくありますよね。最近の住宅の窓は気密性の高いサッシになっているところが多いですが、壁ほど厚くありません。また壁などは断熱材が入っていますが、窓には断熱材は入っていません。そのため窓で冷やされた空気は床の方に流れていき、天井のほうは暖かいのに足元が寒いコールドトラフと呼ばれる現象が起こります。

また住宅に出入りする熱の流れを見ると、冬場は窓から58%もの熱が出て行ってしまうのだそう。そのため窓に対する断熱はとても重要なのです。

(一般社団法人日本建材・住宅設備産業協会 省エネルギー建材普及センターホームページ「省エネ建材で、快適な家、健康的な家」より http://www.kensankyo.org/syoene/qanda/mado/a_9.html)

窓際の冷気対策方法

窓の近くは寒いから近寄らないようにすれば大丈夫と思っていませんか?お部屋を暖かくするには窓の寒さ対策はとても重要です。 窓の冷気で部屋の温度が下がる場合は断熱性を高め、隙間風で熱が逃げるような場合は機密性を高める必要があります。

自分で対策する

窓に気泡緩衝材を貼る

梱包などに使うプチプチ(気泡緩衝材)を貼ります。空気の層ができるので窓からの冷気が部屋に伝わるのを防ぎます。通販などを利用した時に梱包に使われた気泡緩衝材をとっておけばお金はかかりません。剥がす時に跡がつかないように養生テープで貼ることをおすすめします。シートの厚みで窓の開閉ができなくなることもあるので注意しましょう。

カーテンを厚手にする

冷気は下の方から侵入するので裾が床につくらいの長さの厚手のカーテンを窓にかけると強力な冷気対策になります。既に使っているカーテンの裾に自宅にある布を縫い付けたりすれば費用はかかりません。

断熱シートを窓に貼る

窓に両面テープで断熱シートを貼って、窓から部屋の中に伝わってくる冷気を防ぎます。両面シートはホームセンターで購入でき、価格は2,000円~3,000円です。窓に貼って余分な部分を切り取れば良いので作業時間も5分~10分ですむというお手軽さです。窓が暗くなることがあるので断熱シートはクリアタイプを選びましょう。

隙間ガードシールを貼る

窓からの隙間風が気になる場合には隙間ガードシールを貼りましょう。窓だけでなく玄関にも使えます。水に強く窓の開閉を妨げることもありません。費用は400円~1,600円です。狭すぎる隙間には使えないので隙間の幅を確認するようにしましょう。

簡易内窓セットをつける

ホームセンターで販売されているプラスチック製の簡易内窓セットをつけ、2重窓にして防寒します。費用は8,000円~24,000円です。あまり費用をかけたくない場合は自作することもできます。

窓下にヒーターをつける

窓下にヒーターをつけると窓からの冷気を防ぎ、足元から部屋全体を暖めてくれます。結露防止効果もあります。費用は12,000円~21,000円ですが、利用時には光熱費がかかります。

 リフォーム業者に依頼する

内窓をつける

窓を二重窓にリフォームすると窓から出入りする熱や冷気が抑制されて冷暖房効果も高くなり年間を通して快適な住空間になります。費用は小さな窓なら7万円程度からでき、リフォームの作業時間は1時間程度です。

外窓をつける

古いサッシを取り外して断熱性の高い窓に交換します。費用は小さな窓なら5万円程度からでき、リフォームの作業時間は長くても半日程度です。二重窓よりも防寒効果は低いですが、窓をすっきりと保つことができます。

断熱ガラスに変える

現在使っているサッシはそのままでガラスだけを断熱窓に入れ替えます。高断熱の複層ガラスや二重窓に変えることで外気の影響を受けにくくなります。費用は1㎡あたり30,000~50,000円程度で、他に、取り付け資材代と交換サッシ代などがかかります。リフォームの作業時間は早ければ30分程度です。

まとめ

富山県は全体が豪雪地帯に指定されていますが内陸部になると大部分が特別豪雪地帯となっています。積雪も12月から2月まであり冬の寒さは尋常ではありません。そのため冬の寒さ対策は全ての人にとって重要な問題です。特に窓際の冷気対策は最重要事項。カーテンを変えたり、窓にプチプチや断熱シートを貼ったり、簡易内窓セットをつけたり自分で行う対策方法も色々ありますが、しっかりと窓際の冷気対策をしたいなら地元のことを熟知した地元のリフォーム業者に依頼することをおすすめします。

監修会社情報
株式会社ユニテ公式HPキャプチャー
引用元HP:株式会社ユニテ
https://www.yunite.co.jp/

株式会社ユニテ

ユニテ様は富山で28年間の実績と信頼をもつ地元の優良企業。今回、当サイトへの施工事例掲載のために、地元で有名なリフォーム会社であるユニテ様に取材を申し込みました。

ユニテ様は住宅メンテナンスからはじまり、現在は住宅リフォーム事業と不動産業、注文住宅の設計・施工を手掛けています。年間1,000件以上のリフォーム依頼があり、部分リフォーム・リノベーション・増改築・全面改築の全てに対応。また同社の注文住宅のMagHaus(マグハウス)では、お洒落で、自然素材+最先端技術の住宅設計・施工を行っています。

構造や建築様式に得手不得手がなく、ほぼ全ての住宅リフォーム、リノベーションの要求に対して、柔軟に対応できます。そのため木造住宅、コンクリート住宅、鉄骨住宅、マンション、ビル等、建物の種類を問いません。

24時間365日体制でアフターフォローも万全。緊急時だけでなく、どんなに小さな工事でもフォローする体制が整っており、相談すればすぐに駆けつけてくれる頼りになるリフォーム会社です。

【ショールームがあります】
設備や素材のサンプルを実際にみながらや、個室相談スペースでゆったり相談することもできます。
また富山の作家による小物などの手作りギャラリー併設。ドライフルーツ&ナッツ専門店(クノップ)と隣接しています。

相談も見積りも ¥0
ユニテの公式サイトを見る→