富山でリフォーム&リノベーションしま専科 » リノベーション・リフォーム

富山のリノベーションガイド

富山でリノベーションを行なう場合に知っておきたい情報について解説しています。

富山県のリノベーション施工事例

富山県でのリノベーションの施工事例を紹介しています。このサイトの監修会社である株式会社ユニテ様にご協力をいただきました。リノベーションには、すべて全く新しくしてしまう場合と、その家にまつわる思い出のものを意図的に残す場合があります。それぞれについて、どのようなリノベーションが行われたのかみてみましょう。

「リノベーションの施工事例」を見る

リノベーションとリフォームの違いを詳しく比較

リノベーションとリフォームは同じと思われがちですが、両者の違いには工事の規模や費用、住宅の資産価値向上、環境向上があります。それぞれにメリットとデメリットがあるので、どちらが目的に合うか確認してみましょう。

リフォームの場合は工事期間が短くて予算が安く済みますが基本的にピンポイントでの改善になります。リノベーションは自分の理想通りの部屋を作れますが工事期間が長くかかります。どちらかが優れているというわけではなく、リノベーションとリフォームのどちらが良いかは個人的に理想としているものによっても異なってきます。検討する際のポイント、施工会社の選び方についてもまとめています。

「リノベーションとリフォームの違いを詳しく比較」を見る

リフォームやリノベーションと建替えのメリット・デメリット

住宅が老朽化したらリフォーム・リノベーション・建替えで問題を解決できます。それぞれのメリット・デメリットを認識した上でコストパフォーマンスやライフスタイルに合わせて判断しましょう。自分がどのような変化を望んでいるのか考えることも大切です。劣化した機能を元通りにしたいならリフォーム、自分の理想に近い家・部屋にするための改造をしたいならリノベーション、すべて解体して更地から立て直したいなら建替えといった選択肢があります。リフォームやリノベーションについては建替えよりも費用を抑えられるのが魅力ですが、建替えのほうが間取りなどを変更しやすいといったメリットもあるので、自分に向いているものを選びましょう。家の状態が悪いと建替えのほうが最適な場合もあるので注意しましょう。

「リフォームやリノベーションと建替えのメリット・デメリット」を見る

高齢者住宅改修について

高齢の親と同居する場合には安全性や使いやすさを考えた高齢者がより生活しやすいリノベーションについて考えておきましょう。高齢者住宅改修費用助成制度やバリアフリー化の施工例など高齢者住宅改修の参考になる情報もまとめています。バリアフリーを検討しているなら翌年度分の固定資産税が1/3減額される高齢者住宅改修費用助成制度の対象になるようにしましょう。バリアフリー化の施工にはヒートショック対策を取り入れた浴室・脱衣所の改良、足腰が弱くても移動しやすいような段差の改修、立ち上がりを楽にするためにトイレに手すりを設置するなどがあります。

「高齢者住宅改修について」を見る

散村(散居村)の住宅リノベーション

富山県の砺波平野や黒部川扇状地で見られるような広い耕作地に少数の家がまばらに点在している集落を散村といいます。散村の住宅を相続などで手に入れた場合は暮らしに合わせてリノベーションしたほうがいいかどうか考えましょう。生活の中で不便さを感じるならリノベーションしたほうが良いでしょう。今後も長く住む予定ならリノベーションしておいたほうが快適になるはずです。田舎暮らしの雰囲気に合った住宅に住みたい場合はリノベーションが向いていないこともあります。富山県でリノベーションをする場合全域が豪雪地帯なので雪対策は必須、屋根雪の対策についても考える必要があります。地域的に風の被害を受けやすいことから風対策も考えておきましょう。強風が吹いた場合には古い窓だと割れたりする危険性もあります。光熱費を安くするためには壁に断熱材を入れましょう。

「散村(散居村)の住宅リノベーション」を見る

リノベーションするタイミングはいつ?

住宅築年数に応じてリノベーションするタイミングは変わります。外壁や屋根など個別でリノベーションすることもできます。築5~10年はリノベーション不要と思われがちですが、少しでも壁などが傷んでいれば早めにメンテナンスをしておくとそれ以上の劣化を効率よく防げます。10~15年になると不具合も増えてくるので本格的にリノベーションを検討しましょう。15~20年は大規模な修繕が必要になります。特に基礎部分の老朽化には気をつけましょう。20~30年になると住宅の耐用年数時期になるので必要であれば改築も検討しましょう。部位ごとのリノベーション時期は10~20年となっていますが、それぞれの目安についても解説しています。

「リノベーションするタイミングはいつ?」を見る

リノベーションとは?

最近リノベーションという言葉を良く耳にしますが、リフォームとの違いをわかっている人はあまり多くありません。住宅のリフォームをしたいと思っているのなら、リノベーションとリフォームの違いはおさえておきましょう。

リノベーションは元の家の状態とは違う新しい付加価値をつけ、現状以上に再生させる大幅な改修のことです。月日が経った家は今の時代に性能や機能が合わず、劣化も進んでいます。こういう建物を建て替えずに新築と同じ性能や機能を持たせて新しい価値観をもった住宅に生まれ変わらせます。

リフォームは老朽化した家を建築当初の性能に戻します。リフォームの場合はリノベーションと比べると費用も工期も小規模になります。

リノベーションで「出来ること」と「出来ないこと」

リノベーションで出来ること

外壁サイディングの取替、サッシの取替、屋根葺き替え、耐震補強、断熱工事など

リノベーションで出来ないこと

建築基準法に定められた範囲外のリノベーションで、建物を支えている筋交いが入った「耐力壁」を壊したり「耐力壁」に大きな窓を設けたりすることは基本的に出来ません。

間取り変更も「2×4工法」や壁式構造の家は壁が住居を支える重要な役割を持つため、壁を取り除いて間取変更することは出来ません。

監修会社情報
株式会社ユニテ公式HPキャプチャー
引用元HP:株式会社ユニテ
https://www.yunite.co.jp/

株式会社ユニテ

ユニテ様は富山で28年間の実績と信頼をもつ地元の優良企業。今回、当サイトへの施工事例掲載のために、地元で有名なリフォーム会社であるユニテ様に取材を申し込みました。

ユニテ様は住宅メンテナンスからはじまり、現在は住宅リフォーム事業と不動産業、注文住宅の設計・施工を手掛けています。年間1,000件以上のリフォーム依頼があり、部分リフォーム・リノベーション・増改築・全面改築の全てに対応。また同社の注文住宅のMagHaus(マグハウス)では、お洒落で、自然素材+最先端技術の住宅設計・施工を行っています。

構造や建築様式に得手不得手がなく、ほぼ全ての住宅リフォーム、リノベーションの要求に対して、柔軟に対応できます。そのため木造住宅、コンクリート住宅、鉄骨住宅、マンション、ビル等、建物の種類を問いません。

24時間365日体制でアフターフォローも万全。緊急時だけでなく、どんなに小さな工事でもフォローする体制が整っており、相談すればすぐに駆けつけてくれる頼りになるリフォーム会社です。

【ショールームがあります】
設備や素材のサンプルを実際にみながらや、個室相談スペースでゆったり相談することもできます。
また富山の作家による小物などの手作りギャラリー併設。ドライフルーツ&ナッツ専門店(クノップ)と隣接しています。

LIXIL主催 加盟店向け
コンテスト受賞歴

全国秋のリフォームコンテスト2018
平成30年度 総合ポイント賞 中部第1位、全国第7位
まず窓賞 中部第1位
北陸ブロック賞 北陸第1位

相談も見積りも ¥0
ユニテの公式サイトを見る→

以下の施工事例を実施した会社株式会社ユニテ